外来業務3.0バイブル

outpatientbible

外来業務3.0バイブル

外来業務3.0バイブル が販売されます!

内容紹介

外来業務3.0バイブルは、本会が提唱する「薬局3.0」で重要視している在宅業務と同じように、外来業務でもパートナーとの連携や機械・ICT化の活用法などの具体的な事例を学べ、対人業務や服薬期間中のフォローなどの薬剤師本来の役目を果たせるようになるための1冊です。これにより、薬機法改定で変化する薬剤師の働き方や、薬局業務のバージョンアップが出来るようになります。

価格

¥15,000(送料・消費税込)

購入方法

外来業務3.0バイブル は2019年7月14日~15日に開催される、第12回日本在宅薬学会学術大会時に販売予定です。 バイブルについての情報は順次更新いたしますので今しばらくお待ちください。

外来業務3.0バイブル目次(一部抜粋)

  •   はじめに 1
  • 薬局3.0における薬剤師の働き方 3
  •   薬局3.0という考えかた 4
  •   薬剤師の任務と薬局2.0 6
  •   薬局が変わらなければならない3つの理由 7
  •   薬局2.0から3.0へ 9
  •   薬剤師の業務は、対物から対人へ 10
  •   薬剤師の専門性を活かすパートナー制度 12
  • 外来業務における薬剤師の役割 13
  •   薬局3.0における調剤業務とは 16
  • 外来業務3.0での服薬指導とは 18
  •   外来業務での薬局3.0 19
  •   服薬指導とは 21
  •   先服薬指導とは 23
  • 薬剤師が行う服薬状況の把握と 医師への情報提供について 32
  •   薬機法の改正と我が国の医療問題 33
  •   服用前後における個別適正化について 34
  •   “服薬状況の把握と医師への情報提供”に繋がる先服薬指導 35
  •   “服薬状況の把握と医師への情報提供”を実行するための薬歴の書き方 37
  • パートナー制度 53
  •   薬剤師を対人業務に専念させるためのパートナー制度 54
  •   薬剤師とパートナーの連携 55
  •   パートナー制度の最大の目的 56
  •   医療人としてのパートナー 57
  •   パートナーの業務とは 58
  •   パートナー作業 59
  • 外来業務3.0の実際 61
  •   外来業務3.0へ変えるために必要な事 62
  •   見える化 63
  •   見える化(業務フロー) 64
  •   機械・ICT化 74
  •   機械・ICT化(調剤過誤防止システム) 75
  •   業務の見直し 83
  •   実際の外来業務手順 87
  •   在庫管理 92