ディレクターの声

directors-voice

ディレクターの声

当学会でバイタルサイン講習会受講後にインストラクターとしての経験を経て、ディレクター認定を受けた講師が全国各地でご活躍されています。 地域医療の一員として、医師や看護師と共に充実した医療をサポートできる薬剤師を育てようという熱意のあるディレクターたちをご紹介いたします。

「国民から必要とされる薬剤師を目指して」

中山 邦 氏
今、国民が、薬剤師に求めている者は何だと思いますか?
あなたは、今の仕事内容に満足していますか?

「バイタルサインの活用や考え方を会社、組織を超えて広めていく」

谷口 明展 氏
受講を考えていらっしゃる先生は、価格は高いですが、是非、本気の受講者と本気で講師が講習をするバイタルサイン講習会に参加してみてください。講習会の熱さが違います。
次世代薬剤師のヒントとなる薬剤師人生の転機となる講習会となるでしょう。

「薬学の知識を使いながらスッキリと働くためのバイタルサイン」

原田 祐希 氏
バイタルサイン講習会を受講することで、薬剤師の役割が明確になり、よりスッキリとより面白く働くことができるようになります。ぜひ一緒に、この楽しさを一緒に共有しましょう!

「薬剤師人生を変えるため、27000円を払いましょう!」

安澤 泰永 氏
講習会の金額が正直高い!!と、思われていませんか?参加する、しないは大いに悩んで下さい。でも、「安心して下さい(笑)みなさんに損はさせませんよ。」
ぜひ、勇気あるクリックをお待ちしています。

「現場で即活用できる多職種協働の基本スキルが学べます!」

手嶋 無限 氏
在宅医療の現場では、医師や看護師以外のリハビリスタッフや介護従事者、家族なども血圧・脈拍・体温などを測定して体調管理に利用しています。日本在宅薬学会が開催しているバイタルサイン講習会では、基本的な知識・技能だけでなく、演習を通した医療人としての態度についても学ぶことができ、多職種協働の基本ともいうべき様々な内容が学べる工夫が行われています。地域での見守りの強化や医療安全の確保、医薬品の適正使用の推進のためにも、本学会が提供しているバイタルサイン講習会の受講をしてみてはいかがでしょうか?

日本の医療を薬剤師の手で変えていく

岸 雄一 氏
バイタルサインをチェックすることは、患者さんの状態を確認するもっとも簡単な手段だと思います。判断の度合いが大きくなればなるほど、他人任せにせず自分自身で患者さんの状態を把握したほうが的確な決断ができると思います。薬剤師が決断するようになると、その分責任も重大になるでしょう。ここで薬剤師は逃げるのか突き進むのか、問われていると思います。

「薬剤師のレベルを上げ、医療全体のレベルを上げて行きたい」

伊東 俊雅 氏
医師と包括的に合意した上でのCDTMを実施するために、プロトコールを決めて行きたいと思っています。薬剤師の中でも、段階を明確に分けて、医師にとってこのレベルの薬剤師なら任せられる、というPDCA全てまわせる薬剤師を徐々に増やして行きたい。 医師に信頼され、薬剤師としての職能を存分に発揮できる環境づくりをしていきたいと思っています。その環境にバイタルサインチェックは一つのツールとして決して欠かすことのできない存在だと思います。

「患者さんに触れずして評価は出来ないと感じています」

比嘉 朋子 氏
今まで投薬時に患者さんの手にすら触れることがなかった私が、初めて患者さんのバイタル測定を行う時は、非常に緊張しました。しかし、手に触れた瞬間、「冷たい!末梢循環障害はないか?お薬の影響は?SpO2は正しく測定されるか?」など、色々な事が湧いて出てきたんです。そのとき、バイタルサイン測定は特別なことではなく、薬剤師が薬の効果・副作用の評価を行うための手段にすぎないことに気付かされました。

「活躍するシニア薬剤師たちの更なる活性化を」

髙﨑 潔子 氏
同年代のシニアの薬剤師の更なる活性化ができないか?と模索しています。 シニアの薬剤師は、現場の仕事からは離れている事が多いですが、現場こそ、シニアの薬剤師のもつ、豊富な知識や話術が活躍できる場だろうと考えています。 例えば、包括支援センターに知識と経験豊富な薬剤師を配置すれば、ケアマネさんやヘルパーさんからの、現場での困難な事例の相談に素早く応じることができるかと思っています。

「自分の意志に自信を持てたし、医師や看護師との関係が変わったと感じている 」

豊田 義貞 氏
当時はまだ同じ職場の薬剤師達から「そんなことをしたら違反だ」とか「絶対止めてくれ」とか言われていたのですが、冷静に、自信を持ってそういった意見に対応出来るようになりました。また自ら得たバイタル情報をもとに、薬物療法上の目標や現状に対する意見を医師・看護師と一緒に話し易くなり、ディスカッションを続けて行くうちに相手の方からも情報を下さり、また意見を求めるために連絡をいただいたりするようになっています。

「地域医療で活躍できる薬剤師の育成を目指して」

福田 豊 氏
バイタルサイン講習会の講義内容を聞いて、衝撃をうけました。 すぐに、これは実践していくべき事だと思いましたし、何より人体に触れても 良いという事実が、目から鱗でした。当時は、『人体に触れる事は医行為にあたるから、触れてはいけない』と思っていましたから。以前は、町の薬局で薬剤師をしておりましたので、テーピングしてほしいとか、怪我したから絆創膏はって欲しいとか、そういう患者さまの要望もお断りせざるを得ないと判断しておりましたので、本当に衝撃でした。