新規申請手続き方法

procedure

新規申請手続き方法

在宅療養支援認定薬剤師認定試験

公益社団法人薬剤師認定制度認証機構より認定を受けた日本在宅薬学会在宅療養支援認定薬剤師制度の認定試験を受験希望の方は下記より申請に関する注意事項をお読みになりお申込みください。

申請資格

下記の条件を全て満たしていること
1.日本国の薬剤師資格を有し3年以上の薬剤師実務経験があること
2.薬剤師認定制度認証機構により認証された生涯研修認定制度による認定薬剤師、
 日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師または日本医療薬学会認定薬剤師であること
3.所定の研修講座受講により35単位以上の研修単位を取得していること
4.在宅業務の実践による5事例の報告を提出すること ※1
5.日本在宅薬学会主催の学術大会に参加していること
6.バイタルサイン講習会を受講していること
※1 在宅業務実施のための環境がない方に対する地域連携・チーム医療の実践実習については、本年度の開催を見合わせることになりました。あしからずご了承ください。

申請に必要な書類

・在宅療養支援認定薬剤師認定申請書(別紙)
認定薬剤師研修手帳(受講証明書添付のもの)
・薬剤師免許証の写し
・認定薬剤師証の写し(下記1、2、3のいずれかひとつ)
 (1)薬剤師認定制度認証機構により認証された生涯研修認定制度による認定薬剤師
 (2)日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師
 (3)日本医療薬学会認定薬剤師
・日本在宅薬学会主催の学術大会参加証の写しあるいは受講証明書
・バイタルサイン講習会修了証の写しあるいは受講証明書
・事例報告書用紙のダウンロードはこちら※2
・認定審査料(振込証明書の写し)
※2 事例報告書作成の手引き 用紙のダウンロードはこちら

薬剤師認定制度認証機構(CPC)とは?

第三者評価機関として薬剤師のための教育プロバイダーを客観的に評価し基準に適する制度の認証を行います。
それを薬剤師に広く告知することで、薬剤師が時代に則した職責を果たすための能力・適性の維持向上に最適な教育を受けることができます。
日本在宅薬学会の在宅療養支援認定薬剤師制度は在宅療養支援の分野で日本初となる第三者認証を受けた生涯研修プログラムとして公益社団法人薬剤師認定制度認証機構よりプロバイダー認証されました。
薬剤師の方には日本在宅薬学会認定単位(P03)が付与され、他の日本薬剤師研修センター(G01)や日本病院薬剤師会(P04)などと相互に単位互換があります。
※ただし、いずれか一つのみに単位は有効

詳しくはこちらのページ(薬剤師認定制度およびその実施機関の紹介)をご確認ください。

認定審査料

10,000円
  ※納入した審査料は理由の如何に問わず返還いたしません。
  ※審査料の納入が確認できない場合、受験は認めません。

申請方法

認定審査料の振り込みと申請書類の送付
 申請期間
 2017年8月21日(月)~10月31日(火)※10月31日の消印有効。
  ※締切り後の受付はいたしません。
 審査料の振込先
  三菱東京UFJ銀行 天神橋支店(店番:037)
  普通預金 0009849
  一般社団法人日本在宅薬学会
 申請書送付先
  〒530-0041
  大阪市北区天神橋1-9-5山西屋・西孫ビル3F
  一般社団法人日本在宅薬学会 事務局
  ※封筒に朱書きで「在宅療養支援認定薬剤師申請書在中」と記載

登録料

10,000円
  ※納入した登録料は理由の如何によらず返還いたしません。
  ※指定した期日までに必ず入金してください。
  ※理由なく期日までに登録料を納付されない方は認定されません

e-ラーニング講座受講単位について

下のリンクボタンよりマイページにログイン後ユーザー情報画面下部【シール発行申請】ボタンより該当単位の申請を行って下さい。
申請の際には簡易書留代392円(20枚以上の場合は402円)を貼った返信用封筒を同封下さい。
詳しくは申請後に事務局より送信されるメールをご確認下さい。

※2017年12月1日より、発行手数料1枚につき1,000円となります。予めご了承下さい。

認定薬剤師研修手帳について

認定薬剤師研修手帳は、各セミナー会場、学術大会会場、または下記お申し込みフォームにて1冊500円(税込・別途送料140円/2~3冊:250円、4冊以上:360円)でご購入いただけます。
下のリンクボタンのお申し込みフォームより、お申し込みを行って下さい。お申し込み後にお振込先のご案内を事務局よりメールいたします。

新規認定の手続き方法

1.単位を取得する

申請に必要な参加証・認定証を紛失された場合再発行手数料2,000円が必要となりますのでご注意ください。

  ※日本在宅薬学会学術大会での単位の取得は、3年以内に上限7単位までとなります。
   例)1年目…学術大会1日のみ参加→4単位取得(合計4単位)
     2年目…参加なし
     3年目…学術大会2日間両日参加→7単位取得
         (合計11単位だが、上限7単位までの取得認定となる)

認定薬剤師研修講座(計 35 単位以上を取得)は、薬剤師認定制度認証機構(CPC)と単位互換が可能です。
薬剤師の方には日本在宅薬学会認定単位(P03)が付与され、他の日本薬剤師研修センター(G01)や日本病院薬剤師会(P04)などと相互に単位互換があります。
  ※ただし、いずれか一つのみに単位は有効
  ※単位互換する研修単位は 15 単位以内
詳しくはこちらのページ(薬剤師認定制度およびその実施機関の紹介)をご確認ください。

2.試験を受ける

試験の合格基準と書類審査の合格基準をあわせ合格とします。