認定セミナー 2月2日

voice-certification116151

認定セミナー 2月2日




薬剤師の為の救急災害医療
石田悟
講師

名倉弘哲(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科救急薬学分野 教授)

略歴

昭和大学薬学部卒業
北海道大学薬学部研究生
昭和大学薬学部研究員
聖マリアンナ医科大学助手
東京工業大学生命理工学部博士研究員
昭和大学病院薬剤部
岡山大学医療教育統合開発センター
准教授
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科救急薬学分野准教授
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科救急薬学分野教授


著書

全国初「救急薬学」誕生 月刊薬Vol.54 2012
「薬学生“dead or alive”」 京都廣川書店(共著)2011
「内科処方マニュアル」 南山堂(共著)2006
「薬剤師のための褥瘡の治療とケア」薬事日報社 (共著) 2005

講義内容
本講義で話題提起する内容は、様々な急性期患者さんへの薬剤師としての対応について概説します。在宅医療に従事できる薬剤師の守備範囲は広い!経験と感性が重要!私は大学の講義でこのように学生に伝えています。薬剤師の臨床経験とは、いかに患者さんを知るか、多彩な薬物治療を1症例でも多くみながら薬効評価することではないでしょうか。必然的に感性は経験で磨かれます。
在宅医療と急性期医療は隣り合わせの関係だといえます。在宅訪問中に患者さんが急変した際、あなたならどのように対応しますか?第1部では急性期疾患に対するフィジカルアセスメントについて、さらにその薬物治療に関するお話しです。第2部では災害医療における薬剤師のミッションについてのお話しを予定しております。

受講者の声
当日は40名の皆様にお集まりいただき、あっという間の3時間でした。
熱い講義を受講された皆様から非常に多くの喜びの声や感動の声を頂いております。
参加された先生方のナマの声を掲載しておりますのでこれから受講を検討されている皆様、ご参考にしていただければ幸いです。