認定薬剤師研修セミナー 2015年3月22日

voice-certification125151

認定薬剤師研修セミナー 2015年3月22日



座長

小串 輝男

医療法人社団 小串医院 理事長
三方よし研究会 代表

多職種で地域の人たちを支えるために

講師

花戸 貴司
東近江市永源寺診療所 所長
三方よし研究会 実行委員長
永源寺診療所(現 東近江市永源寺診療所)では内科・小児科・整形外科などのプライマリ・ケア外来の他、訪問診療・訪問看護も積極的に行っている。医療のみではなく、介護、保健分野と連携した地域包括ケアに取り組んでいる。

日本小児科学会認定専門医
日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医
滋賀医大非常勤講師
龍谷大学非常勤講師
三方よし研究会 実行委員長
医学博士

略歴

昭和45年 滋賀県長浜市生まれ
平成元年 滋賀県立虎姫高校卒業
平成7年 自治医科大学医学部卒業
平成7年 滋賀医大研修医
平成9年 湖北総合病院小児科
平成12年 永源寺町国保診療所(現 東近江市永源寺診療所) 所長
平成20年 同診療所を指定管理にて運営
現在に至る

講義内容

少子高齢化社会を迎え、老いや疾患を抱えながら地域で生活をされる方が増えている。そのような方々を支えるために、医療・介護分野のスタッフが連携し切れ目ないサービスを提供することは非常に大切なことである。しかし、地域で生活をする人たちを支えるためには、我々専門職がただ単に「サービスを提供する」というだけではもの足りない。自らの持つ知識や技術を最大限に提供するとともに、生活者の視点からともに考え、行動することが求められている。
今回は、当施設の在宅医療を支える在宅支援チームの取り組みと滋賀県東近江地域の多職種連携会議「三方よし研究会」を中心とした、地域包括ケアについて紹介したい。

地域にいきる ~一住民として、チームの一員として~

講師

大石 和美
プライマリ・ケア認定薬剤師
在宅ホスピス認定薬剤師(滋賀県薬剤師会認定)
滋賀県 多職種協働による在宅チーム医療を担う人材育成 県リーダー
滋賀県 医療福祉・在宅看取りの地域創造会議 WGメンバー
東近江地域医療ネットワーク『三方よし研究会』 副代表
全国薬剤師・在宅療養支援連絡会 近畿ブロック 副ブロック長

略歴

学歴
 1985.3京都薬科大学 薬学部 製薬化学科 卒業
職歴
 1985.4京都薬科大学 薬学部 薬化学教室 入職
 1991.3京都薬科大学 薬学部 薬化学教室 退職
 1991.4医療法人社団 昴会 日野記念病院 薬剤科 入職
 1994.5医療法人社団 昴会 日野記念病院 薬剤科 退職
 1994.6丸山薬局 入職
 2005.6有限会社丸山薬局 代表取締役
  現在に至る

所属学会

日本プライマリ・ケア連合学会
日本在宅医学会
緩和医療薬学会
日本褥瘡学会
日本静脈経腸栄養学会
日本死の臨床研究会 等

講義内容

父が倒れ、この地に帰るかどうか迷っていた頃、地域の方から「お帰り」と声をかけていただいた。今でも地域の一員と認めてもらえているんだ、という嬉しさがこみあげてきた。
それから、いろんなことを地域の皆さんに教えていただいた。地域のつながりや互いをおもいやる気持ち、そして何より自分自身が地域の人達や大切な仲間に支えられているということ。一住民として、この地域でできることは何かと考えた時、地域で薬局を営むということだけではなく、薬剤師という専門性を通じた「まちづくり」ではないかと思う。
せっかくこの地域に帰るのなら、自分にできることで、自分にしかできないことで育ててもらったこの地域へ恩返しをしたいと思っている。

受講者の声

熱い講義を受講された皆様から非常に多くの喜びの声や感動の声を頂いております。
参加された先生方のナマの声を掲載しておりますのでこれから受講を検討されている皆様、ご参考にしていただければ幸いです。