認定薬剤師研修セミナー 2015年11月1日

voice-certification129751

認定薬剤師研修セミナー 2015年11月1日



論文のための統計解析(3)-検査値と顧客アンケートの解析

講師

松野 純男 近畿大学薬学部教授

略歴

1966年 愛知県生まれ
1988年 大阪大学薬学部薬学科卒業
1990年 大阪大学大学院薬学研究科 博士前期課程修了
製薬企業研究員をへて
1997−2004年 武庫川女子大学薬学部講師
2004−2010年 武庫川女子大学薬学部助教授・准教授
2010年−現在 近畿大学薬学部教授

この間
1992−1994年 近畿大学医学部特別研究生
2003−2004年 米国Northwestern大学医学部客員研究員
1995年 博士(薬学) 大阪大学

専門:臨床統計学,医薬品相互作用

講義内容

統計解析シリーズの最終回は「多変量解析」について触れてみることにします。臨床現場では、複数の臨床検査値を見ながら患者さんの状態を総合的に判断していきます。また、来局者にアンケートをとった時も、幾つかの設問を組み合わせて来局者が感じていることを類推することもあるでしょう。こうした複数の項目を組み合わせて総合的に判断する際に「多変量解析」という手法が用いられます。今回のセミナーでは、検査値やアンケートなどの例題を用いながら「多変量解析」の入口を開いてみたいと思います。もし可能ならば、パソコンを持参して、一緒に勉強してみませんか?
2015年11月1日(日)に「論文のための統計解析(3)-検査値と顧客アンケートの解析」が開催されました。
セミナーでは「R」という無料の統計解析ソフトウェアを用いて、臨床検査値の解析を行いました。 回帰分析、重回帰分析、主成分分析、因子分析、クラスター分析と各手法を教えていただきました。

受講者の声

熱い講義を受講された皆様から非常に多くの喜びの声や感動の声を頂いております。
参加された先生方のナマの声を掲載しておりますのでこれから受講を検討されている皆様、ご参考にしていただければ幸いです。







<