認定薬剤師研修セミナー 2017年7月9日

voice-certification144751

認定薬剤師研修セミナー 2017年7月9日



これからの薬剤師に必要なノンテクニカルスキル 〜多職種連携時代の必須スキル〜

講師

佐藤 和弘 メディカルアートディレクター
医療教育団体MEDIPRO! 創業者、代表

略歴

複数の医療機関で約10 年間透析医療に従事しながら、グロービス経営大学院に進学、MBA (経営学修士)を取得。在学中に医療教育団体MEDIPRO!を創業、代表に就任。院内研修な どを通じて、多数の医療者にノンテクニカルスキル教育を提供。メディカルアートディレ クターとして、人や組織(アート)の面から医療機関の組織の問題解決と組織変革をサポ ートしている。また、医療系教員へのFD(F a c u l t y Development:講師開発)も行ってい る。

講義内容

「患者のための薬局ビジョン」「かかりつけ薬局」「かかりつけ薬剤師」の実現に向けて、「対物」から「対人」へと業務が大きく変化するなかで、薬剤師のスキルセットとして、ノンテクニカルスキル(非医療技術)が求められています。
ノンテクニカルスキルとは、テクニカルスキル(医療技術)を支えるあらゆるスキルの総称であり、思考技術、伝達技術、議論技術、管理技術の4 つのスキル領域があります。
ますます多様化する患者や地域社会の価値観やニーズに応えるべく、多職種が連携しながら問題解決を行っていくためには、ノンテクニカルスキルという職種を超えた「共通言語」が必要不可欠です。
今回は、ノンテクニカルスキルの基本について体感的に学びながら、「明日から現場で使う」ための実践スキルを能力開発していきます。

2017年7月9日(日)に これからの薬剤師に必要なノンテクニカルスキル
〜多職種連携時代の必須スキル〜が開催されました。

これまでは対物業務(医療技術)中心でしたが、厚生労働省は2025年を目処に全薬局をかかりつけ薬局に再編する道筋を提示しました。 つまり、これからは薬剤師に求められるスキルにも変化が求められることを意味しています。
ノンテクニカルスキルとは、組織で問題解決する技術、1.考える(思考技術)、2.伝える(伝達技術)、3.決める(議論技術)、4.動かす(管理技術)の4 つのスキル領域のことです。
今回は対人中心の業務に適応する組織作りのために、患者とのやりとりや業務上の問題など、問題解決のために、論点を明確にし、「問題」から、「原因」をあぶり出し、「対策」を考える実践的な講義がなされました。

ますは自己紹介を行い、二人一組で論点思考3本ノックを行いました。



グループで問題を提起し、複数ある原因と対策について考えました。



最後に問題解決プラン作成シートをグループで考え記入し、発表していただきました。
とても和やかな雰囲気の中、ためになる講義にみなさん満足された様子でした。





受講者の声

熱い講義を受講された皆様から非常に多くの喜びの声や感動の声を頂いております。
参加された先生方のナマの声を掲載しておりますのでこれから受講を検討されている皆様、ご参考にしていただければ幸いです。