第3回日本在宅薬学会 パートナーシンポジウム

voice-certification151651

第3回日本在宅薬学会 パートナーシンポジウム



認定セミナーのお申し込みはこちら

第3回日本在宅薬学会 パートナーシンポジウム

背景

現在、我が国の高齢化率は25%を超え、今後ますます超高齢社会が進んでいきます。
2025年には高齢化率が30%を超えると予想され、日本の医療形態も医療機関から在宅・介護施設へとシフトしてきています。地域包括ケアの実施、拡充が進められる中、薬剤師もチーム医療の一員として在宅現場に出て、医師、歯科医師、看護師、ケアマネジャーなど多職種と協働して働くことが求められています。
薬剤師がチーム医療の中で協働して働くためには、非薬剤師(調剤事務員)との連携、活用がとても重要です。日本在宅薬学会では、今後、非薬剤師を対象とした教育にも力を入れ、薬剤師と協働して働ける人材(パートナー)を育成し、ゆくゆくはパートナー認定制度の実現を目指しています。
そのための第一歩として、今回、「在宅業務におけるパートナーの立ち位置」をテーマにシンポジウムを開催することと致しました。
本シンポジウムでは、既に非薬剤師の活用に取り組まれている薬局の調剤事務員に登壇していただき、薬局での非薬剤師の在り方などをご紹介します。

開催概要

日時:2017年9月24日(日)13:00~17:00
場所:フクラシア品川クリスタルスクエア 会議室F
〒108-0075 東京都港区港南1-6-41 品川クリスタルスクエア3階
詳細地図はこちら

テーマ:「在宅業務におけるパートナーの現状と今後の展望~薬剤師が現場で専門性を発揮するために~」
座長・演者

<スケジュール>
13:00~17:00
13:00~13:05 オープニングリマークス 狭間 研至
13:05~14:00 基調講演 赤羽根 秀宜先生
14:00~15:20 シンポジスト講演 1名 20分 発表 15分・質疑応答等 5分
15:40~16:20 参加者全員・壇上のシンポジスト全員との討論会
16:20~17:00 クロージングリマークス 狭間 研至
閉会
17:30~19:30 懇親会 セミナー会場近郊予定


座長:狭間 研至
(一般社団法人日本在宅薬学会 理事長)
基調講演:赤羽根 秀宜
(中外合同法律事務所 弁護士)


<シンポジスト>

鳥居 泰宏(株式会社バードファーマシー 薬剤師)
「薬剤師が対人業務をするために
 ーパートナー制度を導入するための最初の最初の取り組みー」

南 知子(株式会社バードファーマシー パートナー)
「薬剤師の対人業務を後押しするために、今、私達がすべきこと」

長井 晴教(ファルメディコ株式会社 ハザマ薬局 薬剤師)
「在宅業務の要は薬剤師ではなくパートナーが担っている
 ~新卒から現在までの経験をふまえて~」

山内 健(ファルメディコ株式会社 ハザマ薬局 パートナー)
「医療人としてのパートナー
 ~薬剤師と二人三脚で歩む為に~」
認定セミナーのお申し込みはこちら