第一期漢方薬認定講師育成セミナー第七回

herbal_medicine_20150301

第一期漢方薬認定講師育成セミナー第七回



2015年3月1日(第7回)

【雑感】日在薬 漢方薬認定講師育成セミナー 1期生 7回目に関しまして。


この10回シリーズ漢方セミナーの目的は

(1)漢方薬に対して難し過ぎる考え方を止めて、漢方薬をベースにして処方薬を検討する習慣をつける。処方薬に漢方薬の処方提案をし処方薬の減薬をお奨めしたい。

(2)店頭で漢方薬を提案する術を身につける、が目的です。


九州・関西・東京・群馬 など、遠くから毎月1回のセミナーにお越しいただく薬剤師さんには大いに感動しています。

前半5回はかなり力を入れて分かりやすく何回も繰り返させて頂きました。

後半2回目の今日は皆さんの進化が素晴らしく嬉しさ満点です。
【問題提起型症例検討】では、素晴らしい症例を聞くことが出来ました!!
数々の素晴らしい問題提起型症例検討の中から本日の大ヒット(^^)を記載させていただきます。

薬学部6年制卒2年目の薬剤師さんの報告です。
脊髄小脳変性症で下半身麻痺の70代後半・頭の冴えておられる男性患者さん。
服用しておられる多種多彩な処方薬を見ながら、漢方薬をベースにして1期生の先輩薬剤師の指導を仰ぎながら、患者さんの為に減薬に努めておられます。
腹部膨満感、便秘に非常に苦しんでおられることから考えに考えて、麻子仁丸、六君子湯を経て・・・四逆散を3ヶ月続けていただき何となく調子がいい、最近、3つの体質の中から解毒症体質だと心得て、一貫堂竜胆瀉肝湯を処方提案したそうです。
なんと!!
宿便が沢山沢山 ば〜っと出たそうです。
余りにも多い宿便がおむつに溜まり、患者さんが思わず立てないのに立ち上がって転んでしまわれたというおまけ付きです!!患者さんも主治医も大喜びなさってくださいました!との嬉しい報告を受けてセミナー参加者全員が拍手をして喜び合いました。

1期生はあと3回ですがその後もインストラクターとして引き続きご一緒に学ばせていただきます。
2期生の15人の皆様もどうぞよろしくお願い申し上げます。
1期生の皆様には漢方薬をごく普通に遣っていただくようになるまであと少し、一緒に頑張って頂けそうです。

参加者の声

熱い講義を受講された皆様から非常に多くの喜びの声や感動の声を頂いております。
参加された先生方のナマの声を掲載しておりますのでこれから受講を検討されている皆様、ご参考にしていただければ幸いです。