第二期漢方薬認定講師育成セミナー第8回

herbal_medicine_20160320

第二期漢方薬認定講師育成セミナー第8回



2016年3月20日(第8回)


日在薬 漢方薬認定講師育成セミナー 2期生 8回目に関しまして。


3月20日(日)12:00~18:00
日本在宅薬学会 漢方薬認定講師 育成セミナー10回シリーズ
2期生 8回目開催しました。

-プログラム-

12:00~13:00 『症例別-3』セミナー① -狭間紀代- 

狭間紀代

14:00~16:00 『病気のメカニズム』
北陸大学薬学部教授 医療薬学講座

尾山治

16:00~16:40 ティータイム 休憩時間 記念撮影

16:40~18:15 問題提起症例検討会第1部

受講生

18:15~18:30 質問コーナー・アンケート記入



本日は北陸大学薬学部教授の尾山治先生にお越しいただき、『病気のメカニズム』と題しまして、患者様の病気ににつながる「メカニズム」についてご講義をしていただきました。


本講義では呼吸器疾患を例に、病気の主要なメカニズムである、炎症・腫瘍・虚血について講義をしていただきました。 病気を整理する上で、解剖学的にどの部位にどのようなプロセスで病気が起こったかを知ることが適切な診断・治療に繋がるといいます。 この日の講義にはは多くのお時間をおさきいただき、尾山先生の見識の高いお話に参加者は熱心に聞き入っておりました。




狭間紀代先生の講義症例別3では加減法、合法などの基礎的な話題から、リウマチに関する様々な症例に対する生薬の処方についての講義でした。





問題提起症例報告検討会では、各参加者から患者の症例が報告され、様々な議論がなされました。






3月は狭間先生のお誕生日月ということもあり、ティータイムの時間には生徒の方々からのサプライズケーキのプレゼントがございました。



このセミナーは
(1)在宅業務においての各症状に関し医師への的確な漢方処方提案可能な力を持てるようになること。
処方のベースに漢方薬を使えば減薬に繋がらないか?と考えていく。
(2)店頭において患者さん、お客さんに自信を持って漢方薬を推奨出来るようになること。
を目的としております。


参加者の声

熱い講義を受講された皆様から非常に多くの喜びの声や感動の声を頂いております。
参加された先生方のナマの声を掲載しておりますのでこれから受講を検討されている皆様、ご参考にしていただければ幸いです。