第三期漢方薬認定講師育成セミナー -基礎編- 前期 第1回 東京

herbal_medicine_20160619

第三期漢方薬認定講師育成セミナー -基礎編- 前期 第1回 東京



2016年6月19日(前期 第1回 東京)


日在薬 漢方薬認定講師育成セミナー 3期生 前期 1回目-基礎編-に関しまして。


梅雨の真っただ中の大雨の翌日、晴れの中 漢方セミナー3期基礎編前期その1 東京 2016年06月19 日(日)12:00~17:00 5時間 東京都葛飾区あやせ薬局第一支店にて開催致しました。

東京3期生の皆様も初心者の方がたくさん! 昔のわたくしと同じ漢方薬が苦手の方のなんと多い事でしょう!! 合計12名の熱心な薬剤師さんがお集り頂きました。

北は岩手県から、関東甲信越は富山県、山梨県、西は三重県、福岡県から 真剣なまなざしでお集り頂きました。 《漢方セミナー3期基礎編その1》は【瘀血】です。

狭間紀代自身の漢方セミナー開催は今年が最後になります。 来年からは認定講師の方々に開催してもらいます。


1,2期生の皆さんも多くの方々が熱い気持ちで 漢方薬認定講師育成セミナーインストラクター参加という事で覇気をもってご参加いただきました。 瘀血って漢方薬の真髄です! 【先ずは瀉から考えよう!  瀉してダメなら瀉剤を変更してもまた瀉していこう!】

当日の大きなメッセージでした。

大阪も東京もご参加の皆々様からの素晴らしい沢山のスイーツをお持ちより頂きましてそのスイーツタイム時の会話がまたまた素晴らしく有意義です。

セミナー終了後は綾瀬駅近くのワインレストランで美味しいイタリアン料理を満喫しながら、ほぼ貸し切りで和やかに楽しく有意義な懇親会を開催しました。

次回7月は学術大会開催後 直ぐの日曜日に演題【胃腸】で開催します。

次回からは、後半は参加者の皆様の問題提起型症例検討会を実施致します。 この症例検討会で素晴らしくチカラがつきます! ご参加の皆様、お楽しみになさってまたのお目もじまで症例を積み重ねて下さいませ!






このセミナーは
(1)在宅業務においての各症状に関し医師への的確な漢方処方提案可能な力を持てるようになること。
処方のベースに漢方薬を使えば減薬に繋がらないか?と考えていく。
(2)店頭において患者さん、お客さんに自信を持って漢方薬を推奨出来るようになること。
を目的としております。


参加者の声

熱い講義を受講された皆様から非常に多くの喜びの声や感動の声を頂いております。
参加された先生方のナマの声を掲載しておりますのでこれから受講を検討されている皆様、ご参考にしていただければ幸いです。