第三期漢方薬認定講師育成セミナー -基礎編- 後期 第2回 大阪

herbal_medicine_20161016

第三期漢方薬認定講師育成セミナー -基礎編- 後期 第2回 大阪




日在薬 漢方薬認定講師育成セミナー 3期生 後期2回目-基礎編-に関しまして。

2016年10月16日(日)12:00~17:00 漢方セミナー3期 基礎編 後期2回目 in大阪開催致しました。

今回も遠くは北海道稚内市からのご受講者さまもいらっしゃり全国各地からの 受講者の皆様からの熱い熱い熱気で満ちあふれたセミナーになりました。

今回は最初に漢方相談カルテの読み取り方、意義を考える時間としました。
かなりの時間をそこに遣わせていただきました。
漢方相談カルテを使っての問診、バイタルサイン採取、漢方相談カルテ全文の関連性の重要性をお示ししました。
インストラクターの1期 受講者の薬剤師さんから漢方相談カルテに加えていただきたい条項の申し出もあり 画期的な時間でした。
改訂版をお楽しみになさって下さいませ!

その後、胃腸の項目の基礎編、スイーツタイムで楽しく歓談し、
最後は皆様お待ちかねの問題提起型症例検討会でした。

ある班の症例では 【92歳女性患者さんで 3科の医師から総計20種類程の投薬を漢方薬1種類をを使って総計5,6種類への減薬を!】のご提案もありました。

とても充実した濃い濃い問題提起型症例検討会でした。

次回11月は 漢方セミナー3期 基礎編 後期最終回です!

【風邪】の漢方薬を学んでその後3期生の皆様には基礎編修了試験を実施致します。
いよいよ1月から3回の応用編で応用編終了後
初めての【日本在宅薬学会漢方薬認定講師育成セミナーディレクター証】を授与させていただきますことを楽しみにしています。
【日本在宅薬学会漢方薬認定講師育成セミナーディレクター証】ご取得者は
日在薬漢方セミナーを開催して頂けます!!
どうぞ頑張って下さいませ!
大いに大いに期待しております。

いつも有り難うございます。 いつもお疲れさまです!



このセミナーは
(1)在宅業務においての各症状に関し医師への的確な漢方処方提案可能な力を持てるようになること。
処方のベースに漢方薬を使えば減薬に繋がらないか?と考えていく。
(2)店頭において患者さん、お客さんに自信を持って漢方薬を推奨出来るようになること。
を目的としております。


参加者の声

熱い講義を受講された皆様から非常に多くの喜びの声や感動の声を頂いております。
参加された先生方のナマの声を掲載しておりますのでこれから受講を検討されている皆様、ご参考にしていただければ幸いです。

3期生






























































1,2期生(インストラクターとして参加)