手順書作成ワークショップ

procedure-manual

手順書作成ワークショップ

4月2日に「調剤業務のあり方」が通達されました。通達内容の中には「薬局開設者は、薬局において、上記の考え方を踏まえ薬剤師以外の者に業務を実施させる場合にあっては、保健衛生上支障を生ずるおそれのないよう、組織内統制を確保し法令遵守体制を整備する観点から、当該業務の実施に係る手順書の整備、当該業務を実施する薬剤師以外の者に対する薬事衛生上必要な研修の実施その他の必要な措置を講じること。」とあり、薬剤師以外の者に業務を実施させる場合にあっては、手順書の整備・作成を薬局では早急に準備をしないといけません。また、薬局開設者としては、手順書を作成するだけではなく、実施させていく体制づくりまで行わなくてはなりません。
このワークショップでは、薬機法や0402通知の解釈、パートナー制度や実際の現場で実践する方法等を説明させて頂きます。また、手順書の作成に必要な知識としてWORDの簡単な使い方や便利な機能も説明致します。
午後からはハザマ薬局で作成してきた手順書を基に、明日からでも使用できる業務手順書を実際に作成して頂くワークショップとなっています。
ぜひ、お時間を調整してご参加ください。

日付

大阪:2019年10月22日(火・) 10:00~17:00
   2019年11月  4日(月・) 10:00~17:00
   2019年12月22日()   10:00~17:00
   ※どの日も内容は同じです

主催・共催

主催:日本在宅薬学会  共催:PHB Design株式会社

講師

中崎 正太郎
PHB Design株式会社 システムデザイン部 薬局ビジネスデザイナー

【職歴】
1996年 PHB Design株式会社入社

17年間システムエンジニアとして、制御系から教務システムまで
幅広いシステムを開発。薬局システム(レセコンから電子薬歴)を
構築していく中で、在宅業務を行っていく薬局はこのままではうまく機能しないことを痛感し、IT技術を駆使して徹底した業務改革を尽力することになった。
2013年10月よりハザマ薬局での業務改革を開始。薬局の在宅業務をデザインし、サポートを行っている。以後、数多の薬局の在宅業務をデザインし、経営改革を行っている。



崎山 勝弘
PHBDesign株式会社

【職歴】
平成26年 10月 ファルメディコ株式会社 入社 ハザマ薬局 パートナー配属
平成31年 4月  PHB Design株式会社 異動
現在に至る

パートナーとして薬剤師と連携し薬局運営、施設業務を経験。
パートナーの経験を活かし、薬剤師が患者のために薬剤師本来の業務を実施できるための、パートナー制度の導入やe-learningを活用したパートナーの研修、活用のサポート、パートナーの重要性を各薬局に広めていくための活動を行っている。

場所

ファルメディコ株式会社2F 研修室(地図

内容(スケジュール)

【講義】(3時間30分)
 ・0402通知/パートナー制度/薬機法
 ・Wordの使い方
 ・手順書の説明

 昼休憩(1時間)※昼食は準備致します

【実習】(3時間30分)
 ・社内ルール
 ・パートナー業務
 ・在宅業務
 ・まとめ/クロージング

受講費

会員:110,000円   非会員:132,000円

※10月22日(火・)開催のみ 初回限定価格
会員: 88,000円   非会員:110,000円

定員

15名

取得単位数

4単位

持物

・Wordが使用できるPC  ・自店でのマニュアル  ・その他は別途ご連絡いたします

備考

・受講された方には、メールにてその後のフォローがあります(2回)

手順書作成ワークショップお申込み

()内は残数
データの読込中です…
しばらく待っても表示されない場合はCtrlキーを押しながらF5キーを押してください。