Herbal Director’s Voice 02

bal_directors-voice_02

Herbal Director’s Voice 02



西洋薬では解決できない問題を、漢方薬を学ぶことで解決できる
藤永 智也

ファルメディコ株式会社 ハザマ薬局

目の前の患者さんを良くできるよう、一緒に薬剤師としてのスキルを磨きましょう。

薬剤師としてのモットーは?

患者さんに喜んでいただきたい
薬剤師の専門知識を使って、患者さんに喜んでいただく事をモットーにしています。

漢方薬認定講師育成セミナーを受けられた、きっかけは?

どうにか患者さんの役に立ちたい
薬剤師1年目の時、多職種に比べると圧倒的に医療人としての知識、技術がなく不甲斐なさを感じ、どうにか患者さんの役に立ちたいと思っていました。そんな時、日本在宅薬学会の理事である狭間紀代先生にお声がけいただき、「薬剤師としての武器を持てるチャンスだ。」と思ったのがきっかけです。

漢方薬認定講師育成セミナーを受けられて、変化したことは?

きっかけは症例検討会
セミナーを受けて薬剤師は医療の現場に、必要だと感じられるよう心境が変化しました。この変化が起きたのはセミナーの中にある症例検討会でした。症例検討会では漢方薬の知識に限らず、薬剤師としての知識、医療者としての知識を、若手~ベテランまで知恵を出し合って、患者さんが良くなる方法を模索します。模索した結論を元に現場で実践することで、薬剤師としての自分の成長、自信につながりました。

漢方薬認定講師育成セミナーディレクター認定を取得しようと思われた理由は?

漢方薬を学んで患者さんを良くすることができた
漢方薬を学んで患者さんを良くすることができたと思える症例をそれなりに経験しました。それも西洋薬では解決できない問題が、解決できる事もありました。これを是非、いろんな人と共有したいという思いから、ディレクター認定を取得しました。

漢方薬認定講師育成セミナーディレクター5期 開催をしようと思われた理由は?

「良かった」と思えた経験を、より多くの人に伝えたい
私自身、この漢方セミナーを受けて本当に良かったと思っております。この「良かった」と思えた経験を、より多くの人に伝えることができる機会をいただけたのが理由です。 教えることが最大の学びという言葉がある通り、講師でありながら自分自身が一番学ぶことができます。さらに薬剤師として成長していきたいと思っています。

理想の薬剤師の姿とはどんな薬剤師像ですか?

どんな場面でも患者さんに喜びを感じていただける事
理想の薬剤師は、どんな場面でも患者さんに喜びを感じていただける薬剤師です。
病院、在宅などチーム医療の中では、薬物治療の質を上げることをします。薬局ではファーストアクセスの場となり、セルフメディケーションの推進、補完代替医療の提案、予防医療の提供など、健康の質を上げることをします。これらは薬剤師にしかできない専門性の高い仕事であり、患者さんに喜んでいただける事がやりがいになると思います。