Herbal Director’s Voice 05

bal_directors-voice_05

Herbal Director’s Voice 05



参加者全員でレベルアップできる漢方セミナーです!
長井 晴教

ファルメディコ株式会社 ハザマ薬局

薬剤師の武器のひとつに漢方薬を装備するのをオススメします!
セミナーは漢方薬を使うためのチュートリアルに過ぎません! 臨床現場で腕を振るってこそ患者さんを良くし、経験値を得ることができます!
不安な場合は紀代先生を始めとするディレクターがフォロー致します! そうして得た経験値をまた漢方セミナーで共有しあいましょう! 参加者全員でレベルアップできる漢方セミナーです! お待ちしています!!

薬剤師としてのモットーは?

目の前の患者さんに寄り添える薬剤師
常に薬学的視点を忘れず、目の前の患者さんに寄り添える薬剤師であることです。

漢方薬認定講師育成セミナーを受けられた、きっかけは?

すぐに実践できる臨床漢方を学べる
漢方薬に興味のあることを話していたら狭間紀代先生にお声がけ頂きました。 学生の頃から漢方薬を学んでいましたが、どのように臨床の現場で活かせば良いのか分かりませんでした。紀代先生のセミナーではすぐに実践できる臨床漢方を学べると聞き、参加を決意しました。

漢方薬認定講師育成セミナーを受けられて、変化したことは?

臨床判断を行う薬剤師としての幅が広がった
臨床判断を行う薬剤師としての幅が広がったと感じています。本学会の漢方セミナーは講義と症例検討会の2部構成で行われます。 講義では紀代先生がご経験された症例をアセスメントと共に学ぶことができ、症例検討会では参加者皆さんの症例を一緒に考え、アセスメントし経過を見ることができます。 漢方処方だけでなく患者さんへの問診の仕方、店頭販売のノウハウ、経過のフォローアップ等も学べました。 単なる漢方を学ぶセミナーでなはく、受講後は患者さんへのアプローチからクロージングの仕方まで変わったと感じています。

漢方薬認定講師育成セミナーディレクター認定を取得しようと思われた理由は?

薬剤師としての幅を拡げられる
日本在宅薬学会の漢方セミナーに参加し続けていたらディレクターになっていました。
継続して参加することで、より薬剤師としての幅を拡げられるセミナーであると思います。

漢方薬認定講師育成セミナーディレクター5期 開催をしようと思われた理由は?

私が体験した感動を共有したい
日本在宅薬学会の臨床漢方を広げたいと思いました。 漢方薬が苦手でよく分からない、勉強してもよく分からないというのはもったいないです。 漢方薬はエビデンスがないとよく言われますが、正しく使えば確かに効果を実感します。時に劇的に効果を表すこともあり、その感動は忘れられません。 沢山の薬剤師に本セミナーの臨床漢方を学んでもらい、私と同様の体験をして貰いたいと思います。

理想の薬剤師の姿とはどんな薬剤師像ですか?

患者さんの困り事を薬学的視点を中心にして解決できる薬剤師
患者さんの困り事を薬学的視点を中心にして解決できる薬剤師です。 漢方セミナーを受講してからは、未病の方・健康な方に対して健康アドバイスをしたり、日々のちょっとした体調不良を察知して解決してあげたりというアンテナが立つようになりました。 地域に密着する薬剤師というのが理想像のひとつになったのはこの漢方セミナーを受講したおかげと思います。 紀代先生は「漢方薬を売るのではなく、自分自身を売る」とよく言われます。 多くの人から「あなたから買った漢方薬で良くなった」と言われるような薬剤師になりたいと思います。