Herbal Director’s Voice 06

bal_directors-voice_06

Herbal Director’s Voice 06



患者さんに必ず喜んでいただける
小黒 佳代子

株式会社ファーマ・プラス プラス薬局

漢方薬は、薬剤師としての専門性が発揮できる分野のひとつです。漢方薬は現場で活躍されている薬剤師の処方提案の中で、重要な選択肢の一つになると思います。店頭でも患者さんに必ず喜んでいただけることでしょう。

薬剤師としてのモットーは?

適正な薬物療法の実践を患者さんとともに考えられる薬剤師
オンリーワンの薬剤師になることです。患者さん個々の病状はもとより、生活環境、背景などに応じて適正な薬物療法の実践を患者さんとともに考えられる薬剤師になりたいと思っています。

漢方薬認定講師育成セミナーを受けられた、きっかけは?

西洋医学で治すことが困難な患者さんの症状の改善
漢方薬は学生時代から苦手科目でしたが、私自身が産後の不調に悩まされた時に中医師に受診して軽快した経緯があり、興味もありました。西洋医学で治すことが困難な患者さんの症状の改善に効果があるのではないかと、何回となく習得を試みましたが複雑な漢方薬の世界に挫折していました。
そのような時に、狭間紀代先生の漢方薬のセミナーが実施されることになり、お声を掛けて頂いて、迷うことなく申し込みました。

漢方薬認定講師育成セミナーを受けられて、変化したことは?

検査数値などでは表現しにくい部分を観察できる
今までも日本在宅薬学会で学んだバイタルサインによるフィジカルアセスメントを実践してきましたが、漢方薬選択のための視点が加わったとことで、検査数値などでは表現しにくい患者さんの顔色や生活背景などをより詳しく観察できるようになりました。これは私にとってとても大きく、在宅医療においても、店頭でも、患者さんとのつながりが以前にも増して深くなったと実感しています。

漢方薬認定講師育成セミナーディレクター認定を取得しようと思われた理由は?

もっと自信を持って漢方薬を選択出来るように
もっと自信を持って漢方薬を選択出来るようになりたいと思ってセミナーに参加しているうちに、ディレクター認定を取得することができました。

漢方薬認定講師育成セミナーディレクター5期 開催をしようと思われた理由は?

患者さんのお悩みに応えられるようになれる喜びを伝えたい
私のような漢方が苦手な薬剤師が、患者さんのお悩みに応えられるようになれる喜びを皆さんにお伝えしたいと思いました。皆さんが自信を持って漢方薬をご提案出来るようなセミナーを実施したいと思います。

理想の薬剤師の姿とはどんな薬剤師像ですか?

必要に応じてリーダーにも、サポート的な存在にもなれる
他職種と協働し、患者さんを中心に薬剤師としての役割を果たし、必要に応じてリーダーにも、サポート的な存在にもなれるような薬剤師が理想だと思っています。