一貫堂漢方セミナー(2020年5月より開始)

ando_kanpo_seminar

一貫堂漢方セミナー(2020年5月より開始)

この度、【日本在宅薬学会 漢方研究会】を発足しました。
この研究会は「日本在宅薬学会一貫堂漢方セミナーアドバンスコース」です。 「日本在宅薬学会 漢方研究会」は、下記の「3つの約束」を決めました。


3つの約束では下記の3つのことを謳っています。

 一つ目 薬局現場で使える漢方薬処方提案の実践力を磨く 
 二つ目 漢方薬を出した後をずっとフォローするために乱取り症例検討会で学べる
 三つ目 研究会会長が受講資格を認めた者に 将来の漢方講師育成セミナーにて漢方講師を育てる

隔年に、症例検討会の実践の中から抜粋して症例発表会開催を画策中です。

また、漢方について初心者の方や初めて触れる方に向け、2020年5月から2022年4月にかけて
第1期【日本在宅薬学会 ベーシック漢方セミナー】も開催いたします。
このセミナーでは、まず一貫堂漢方の基礎理論をはじめ、各生薬、症状の原理や、基礎的な症例検討を学んでいただき、漢方に慣れることから始まります。
全国5都市で開催され、2年計10回の受講で、漢方の基礎を固めることが出来るようになります。
2019年秋より募集を開始いたしますので、ぜひともこの機会にご検討くださいませ。

詳しくはページ一番上の【日在薬一貫堂漢方セミナー体系図】をご覧ください。
【日本在宅薬学会 漢方研究会】【日本在宅薬学会 ベーシック漢方セミナー】をどうぞよろしくお願い申し上げます。

ベーシック漢方セミナー


クリックでPDFが表示されます   

開催地

仙台・東京・名古屋・大阪・福岡(全5都市)

カリキュラム

・3つの体質~瘀血・瀉剤~
・理気剤 補剤
・感冒編
・胃腸編
・総集編

参加要件

薬剤師、薬学生

参加費

全10回(2年) 
会員 :27,500円/回(税込)
非会員:30,800円/回(税込)


漢方研究会

薬局現場で使える実践力を磨く

ベーシック漢方セミナーで基礎知識を学んだ方は漢方研究会へステップアップして頂けます。漢方研究会では様々な症状の症例検討を重ね、得た知識を薬局現場に持ち帰り、実際に患者さんに処方提案できるまでの力を身につけます。

乱取り症例検討会

患者の生活環境など、バックグラウンドまで視野に入れた、症例検討会。
参加者全員で議論し、治療への最適解を導く力を養います。

参加要件

・2020年5月以降に始まるベーシック漢方セミナー10回修了証取得者
・かつての漢方薬認定講師育成セミナーディレクター認定証取得
※インストラクター取得者はベーシック漢方セミナーを5回受講

参加費

27,500円/回(税込)


講師育成セミナー

次代の漢方薬剤師を育てる講師

症例検討を極め、漢方研究会会長が受講資格を認めた者に、次代の漢方薬剤師を育成できる力を身につけるためのセミナーです。

特別な講義

漢方研究会会長による、人に教え、導くための特別講義です。

参加要件

漢方研究会会長が受講資格を認めた者

参加費

 全8回 22,000円/回(税込)