漢方セミナー2017年9月3日(群馬)

unma_20170903

漢方セミナー2017年9月3日(群馬)



講習会を終えて

高崎での漢方育成セミナー、今回は感冒編でした。高齢者にも優しいかぜ薬としてもよく知られている桂枝湯からスタートして瘀血症の代表的方剤の第一加減まで、各方剤の特徴と生薬の違いを考えながら理解を深め、参加者全員で第一加減の素晴らしさを実感しました。 また、参加者からの質問をきっかけに、私自身が日本在宅薬学会の漢方セミナーから漢方を患者さんに合わせてお勧めできるようになった経験から、患者さんの困っている症状や、ご提案してもうまくいかなかった時に、山本漢方の書籍をどのように活用し、方剤を選択しているかもご紹介させていただきました。 回を重ねるごとに、参加者の方々のご質問の内容も変わってきており、皆様のお力がついてきていることを実感できました。
群馬セミナー ディレクター 小黒佳代子

参加者の皆様の声



このセミナーは

(1)在宅業務においての各症状に関し医師への的確な漢方処方提案可能な力を持てるようになること。 処方のベースに漢方薬を使えば減薬に繋がらないか?と考えていく。

(2)店頭において患者さん、お客さんに自信を持って漢方薬を推奨出来るようになること。
を目的としております。