漢方セミナー2018年6月10日(群馬)

unma_20180610

漢方セミナー2018年6月10日(群馬)



講習会を終えて

漢方セミナーも第5期、私が講師を務めさせていただいてからは2期目のセミナーが開始となりました。 群馬県内から嬉しい新たな参加者がいらした一方、ご遠方からもディレクターの先生がご参加くださり、あっという間の5時間でした。 今回は初めての試みとして、皆さんでご一緒に漢方カルテの記入方法を学びました。 私がお示しした症例のカルテを見ながら、それぞれどのような患者さんだと想像するかを言っていただきながら、詳しく記入してあることが、患者さんの病態や環境を把握して、体質を考える上でいかに重要か、実感していただきました。 高崎でのセミナーでは、三つの体質の代表的な方剤の煎じを講義中に煎じて、休憩時間に参加者皆さんとご一緒に飲んでおり、毎回恒例となっています。今回は芎帰調血飲第一加減でした。次回は通導散の予定です。どうぞ、お楽しみに・・・
群馬セミナー ディレクター 小黒佳代子

参加者の皆様の声



このセミナーは

(1)在宅業務においての各症状に関し医師への的確な漢方処方提案可能な力を持てるようになること。 処方のベースに漢方薬を使えば減薬に繋がらないか?と考えていく。

(2)店頭において患者さん、お客さんに自信を持って漢方薬を推奨出来るようになること。
を目的としております。