漢方セミナー2017年6月25日(名古屋)

agoya_20170625

漢方セミナー2017年6月25日(名古屋)



講習会を終えて

漢方セミナー前期第2回目は感冒編ということで、風邪を引いたときに頻発する症状を中心に漢方薬をご紹介致しました。 抗微生物薬適正使用の手引きにもありますように、安易な抗生剤の使用を控えるべき昨今、感冒というCommon Diseaseに対して漢方薬が大きな武器になることをお伝えできたかと思います。
また、本漢方セミナーは自分自身、周囲の人、そして患者さんに漢方薬をご提案し、健康を提供できる薬剤師となることが目標の一つとなっております。感冒の諸症状に対する漢方薬は最も提案しやすい処方の一つかと思います。
是非、受講生の皆様には、これからの体調管理に漢方薬を積極的に使用し、経験を積み重ねて頂きたいと思います。 ありがとうございました。
名古屋セミナー ディレクター 長井晴教

参加者の皆様の声



このセミナーは

(1)在宅業務においての各症状に関し医師への的確な漢方処方提案可能な力を持てるようになること。 処方のベースに漢方薬を使えば減薬に繋がらないか?と考えていく。

(2)店頭において患者さん、お客さんに自信を持って漢方薬を推奨出来るようになること。
を目的としております。