漢方セミナー2018年1月21日(東京)

saka_20180121

漢方セミナー2018年1月21日(東京)



講習会を終えて

2018年1月21日(日)12:00~17:00
講師 一般社団法人日本在宅薬学会理事 狭間紀代
AP東京八重洲通りにて、日本在宅薬学会漢方薬認定講師育成セミナー4期 応用編 その2 感冒編in東京を開催致しました。福岡県、長野県佐久市、大雪の新潟市、静岡市、大阪府、愛知県などなどから、18名が応用編にご参加なさいました。時期的に感冒がぴったりでタイミングの良さを喜んでいただきました。

最初に【八面学のお話】をしました。とても興味深くお聞き下さり、次回からのパートナー向け漢方セミナーでは、もっと内容を深めたいと想いました。その後は風邪の初期〜中期〜後期の対処法、処方のお話、最後には瀉剤・補剤と風邪の症状の撃退法の話にまで発展しました。

2時間の講義のあとは受講生の皆様の持ち寄りの全国のスイーツを一杯一杯ご馳走になりまして、次のプログラムの問題提起型症例検討会は益々熱く盛り上がって参りました。受講生の皆様には【瀉剤の使い方】を非常に意義深く修得なさっておられ、本当に嬉しかったです!

本日の受講生の中から3期生7名が2月の日本在宅薬学会漢方薬認定講師ディレクター認定証をご取得なさいます。 また4期生8名は、日本在宅薬学会漢方薬認定講師インストラクター認定証をご取得なさいます。 とても楽しみです。しかしながら漢方薬の学びは永久に続きます。繰り返し、繰り返し、そして実践、実践を重ねてモノになさって下さい! 必ずモノになられます! 大いに期待しています!

狭間紀代

参加者の皆様の声



このセミナーは

(1)在宅業務においての各症状に関し医師への的確な漢方処方提案可能な力を持てるようになること。 処方のベースに漢方薬を使えば減薬に繋がらないか?と考えていく。

(2)店頭において患者さん、お客さんに自信を持って漢方薬を推奨出来るようになること。
を目的としております。