漢方セミナー(応用)2018年12月2日(大阪)

saka_20181202

漢方セミナー(応用)2018年12月2日(大阪)



講習会を終えて

2018年12月2日(日)12:00~17:00
日本在宅薬学会 5期漢方セミナー応用編2 in大阪を開催致しました。

我らが中島随象流 一貫堂漢方医学のご指導の為に 広島国際大学 薬学部漢方診療学担当教授 医学教育センター 中島正光先生が日本在宅薬学会漢方セミナーに講師としてお越しくださいました!!
畏れながら、「さすが!」って気持ちで、素晴らしく分かり易いご講義に、胸をときめかせながら、拝聴申し上げておりました。重ねて御礼を申し上げます。
水毒...私自身が生理的に苦手でありまして(汗)避けていてすみません...
受講生の皆様!本日から舌診に挑戦して五苓散、当帰芍薬散に挑んでみましょうね!
次回の漢方セミナーから舌診の本を持参します!

私自身は「一貫堂医学の漢方セミナーを頑張って続けて来て本当に良かった!」と、しみじみ感じさせていただけます日になりました。

まだまだこれから学識的な積み上げを、いっぱいいっぱい積み重ねて行かなければなりませんところでもございます事にも、しみじみと気を付かせていただけます日でもございました。心から感謝の気持ちでいっぱいでございます。
中島正光教授には、「受講生の皆様には、よくぞここまで進歩なさっておられてびっくりいたしました」とお褒めのお言葉を賜り、もっともっと受講生の皆様とご一緒に精進したいと心に決め合いました1日でした。このご縁に心から感謝申し上げております。
今後とも引き続きご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。
今夜は感動しきりでございましてなかなか眠りに付けそうもございません(汗)
会場が満員になってしまいましたが、受講生の皆さんの目の輝きが凄いです。
中島正光教授、皆々様、本当にありがとうございました。

さあ!これから新たなスタートですね!どうぞよろしくお願い申し上げます。

日本在宅薬学会 狭間紀代

参加者の皆様の声



このセミナーは

(1)在宅業務においての各症状に関し医師への的確な漢方処方提案可能な力を持てるようになること。 処方のベースに漢方薬を使えば減薬に繋がらないか?と考えていく。

(2)店頭において患者さん、お客さんに自信を持って漢方薬を推奨出来るようになること。
を目的としております。