日本在宅薬学会 パートナー検定試験

tner_examination

日本在宅薬学会 パートナー検定試験

第1回パートナー検定試験 概要

薬剤師がチーム医療の中で協働するためには、非薬剤師(調剤事務員)との連携がとても重要です。日本在宅薬学会では、非薬剤師を対象とした教育にも力を入れ、薬剤師と協働していける人材「パートナー」を育成し、この度『パートナー検定試験』を実施することといたしました。



試験日

2018年3月4日(日) 13:00~14:10(試験説明10分、試験時間60分)

会場

TKP新大阪ビジネスセンター 3F ホール3A
(大阪府大阪市淀川区西中島5-13-9 新大阪MTビル1号館 3F)
アクセス詳細はこちら

受験資格

・現在、薬局および病院に勤務している非薬剤師(調剤事務員)
・過去に薬局および病院に6ヶ月以上勤務した実績をお持ちの非薬剤師
※「パートナー検定セミナー」を事前に受講されることを推奨いたします。

申込受付期間

平成29年12月1日(金)~平成30年2月9日(金)
※2月9日消印有効

申込方法

検定料をお振込みいただき、郵送にて申請書類を事務局まで送付してください。
※申請書類は以下の「書類ダウンロード」の各ボタンを押し、取得してください。

検定料
 10,000円
検定料の振込先
 三菱東京UFJ銀行 天神橋支店(店番:037)
 普通預金 0009849
 一般社団法人日本在宅薬学会
申請書類
 ・パートナー検定試験申込書
 ・在職証明書
 ・検定料の振込金(兼手数料)受領書
送付先
 〒530-0041
 大阪市北区天神橋1-9-5山西屋・西孫ビル3F
 一般社団法人日本在宅薬学会 事務局
 ※封筒に朱書きで「パートナー検定試験申込書在中」と記載

書類ダウンロード

注意事項

・検定日当日に持参するもの
  • 1. 受験票(写真を貼付したもの)
  • 2. 身分証明書・・・運転免許証、パスポート、社員証等(顔写真を確認できるもの)
  • 3. 筆記用具(HBまたはBの黒鉛筆、シャープペンシル、消しゴム)
・試験開始10分前までに指定された席に着席してください。
・試験開始20分以上遅刻した場合は受験できません。
・遅刻された場合でも試験終了時間の延長はいたしません。
・試験中、机上に携帯電話は置けません。腕時計などをご用意ください。
・試験中は受験票を机上の所定の位置においてください。
・試験内容、採点内容等についてのご質問には一切応じられません。
・合否通知は郵送にて送付いたします。電話でのお問い合わせには一切応じられません。
・理由の如何にかかわらず、一度申し込まれた検定料は返金いたしません。

受験票交付

2018年2月15日(木)頃発送予定

合格発表

合否通知、合格証書を2018年3月26日(月)発送予定

更新

3年ごとに更新(面接もしくは実務経験を予定)


パートナー検定試験の実施にあたり、下記の研修も開催しております。
○パートナー検定セミナー(各論、実技実習など)
【実務研修(予定)の内容】
(契約事項・発注業務・棚番整理・納品・残薬数計算・飲み始め日調べ・薬の切れ日調べ・配薬カレンダー入れ込み・配薬カレンダー検品・ホッチキス留・セロテープ貼り・その後、一包化検品などを予定しております。)
皆さまの今後のセミナーへのご参加とパートナー検定試験のご受験を心よりお待ちしております。