2019年6月2日(講師:坂井 美千子/福岡市博多区)

175401

2019年6月2日(講師:坂井 美千子/福岡市博多区)



講習会を終えて

 今回の参加者の参加目的は様々でした。薬局業務の中で活用したいという方、現場では活用することはほぼないが他の活動で活用したい方など、目的は違えど全員楽しく有意義な学びの時間となりました。参加者の方も社会背景を他の研修で見聞きしている方も多く、バイタルチェックを行う意義や症例検討、実技の部分にもっと時間を割いて、現場での活用法をアドバイスもらえたらというご意見をいただきました。実技指導でサポートする際、私達の説明で至らなかったのだと思います。血圧測定の際、どのくらいのスピードで緩めていくか文字と言葉で伝えた際にイメージがつかなかった所を、実際の測定の仕方を間近で確認してもらって初めて文字の理解に至った方が数名いました。  数年前までは、なぜバイタルサインを経時的に見ていく必要があるのかから説明が必要でしたが、最近の参加者の方は既に理解されていて、手技・活用法共に具体的な実例があると非常に満足度が高くなる印象でした。今後の開催にあたり、対策をしたいと思いました。地域医療に対してモチベーションの高い参加者同士でお互いに切磋琢磨されていました。

参加者の皆様の声

No.4835
No.4836
No.4837
No.4840
No.4842
No.4843
No.4845
No.4847
No.4848
No.4851
No.745
No.957
No.958