• 一般社団法人 日本在宅薬学会 緊急シンポジウム
    薬機法改正は薬剤師業務をどう変えるのか?
    ~厚生科学審議会・医薬品医療機器制度部会とりまとめを踏まえて~
    31 Sunday, 2019, Tokyo AP新橋
  • 一般社団法人 日本在宅薬学会 緊急シンポジウム
    薬機法改正は薬剤師業務をどう変えるのか?
    ~厚生科学審議会・医薬品医療機器制度部会とりまとめを踏まえて~
  • 一般社団法人 日本在宅薬学会 緊急シンポジウム
    薬機法改正は薬剤師業務をどう変えるのか?
    ~厚生科学審議会・医薬品医療機器制度部会とりまとめを踏まえて~

Overview

About the Conference

薬剤師は投薬時のみならず、服用後の期間中も薬剤師が患者さんをフォローして、必要に応じてそのようなアセスメントを医師にフィードバックする。 その流れは薬機法改正の中に盛り込まれることが検討されています。 この元となったのは、昨年厚生労働省で開催されていた制度部会の議論です。その議論では何が一体語られたのか。メディアで見聞きすることはあっても、そこでの温度感というものはなかなか知ることができません。 そしてまた、フォローと言っても具体的にはどうすればよいのか?また、法律的には大丈夫なのか?などの疑問が沢山出てきます。 その疑問は、私も同じでございます。それらを解消すべく、3月31日に、厚生労働省、日本薬剤師会、そしてその制度部会に出席された先生、さらには、機械化・ICT化を進める上では必須の機械メーカーの方、法律家らの先生をお迎えいたしまして、緊急のシンポジウムを企画いたしました。
場所は東京、AP新橋です。定員250名です。ぜひ早めのご参加をよろしくお願い致します。皆さんとご一緒に、熱いディスカッションをしたいと思います。当日私も大変楽しみです。それでは会場でお会いしましょう。

今すぐ申し込む
日時:2019.3.31 01:00 pm - 06:00 pm
場所:AP新橋
 
定員:250名
 
 
参加費:
10,000円(日本在宅薬学会会員)
12,000円(一般)

Message

Speaker

Speaker

安川 孝志 先生

厚生労働省医薬・生活衛生局総務課薬事企画官/医薬情報室長

Speaker

森 昌平 先生

公益社団法人 日本薬剤師会 副会長
「薬剤師が目指すもの -薬機法の改正を踏まえて-」

Speaker

森 和明 先生

株式会社ユヤマ 学術部長
「調剤ロボット・システムの進化が薬剤師の専門的対人能をフルに発揮させる」

Speaker

赤羽根 秀宜 先生

中外合同法律事務所 弁護士・薬剤
「法的視点からみる薬機法改正」

Speaker

狭間 研至

一般社団法人日本在宅薬学会 理事長
「薬機法改正がもたらす薬局・薬剤師のパラダイムシフト」

Program

Welcome Speech 開会挨拶
狭間 研至
狭間 研至
一般社団法人日本在宅薬学会 理事長
  • 01:00 pm - 01:05 pm
  • AP新橋
Symposium1 制度部会のとりまとめを踏まえた薬剤師の方向性

安川先生には制度部会での議論を踏まえて、薬局・薬剤師の現状と今後について総括していただく。森先生には制度部会でのとりまとめを踏まえて、日本薬剤師会としての今後の展望をご教示いただく

安川 孝志
演題未定
安川 孝志 先生 厚生労働省医薬・生活衛生局総務課薬事企画官/医薬情報室

森 昌平
「薬剤師が目指すもの -薬機法の改正を踏まえて-」
森 昌平 先生 公益社団法人 日本薬剤師会 副会長
  • 01:05 pm - 02:40 pm
  • AP新橋
Break 休憩
  • 02:40 pm - 02:55 pm
Symposium2 対物から対人への業務シフトを可能にするポイントとは

安川先生には制度部会での議論を踏まえて、薬局・薬剤師の現状と今後について総括していただく。森先生には制度部会でのとりまとめを踏まえて、日本薬剤師会としての今後の展望をご教示いただく

森 和明
「調剤ロボット・システムの進化が薬剤師の専門的対人能をフルに発揮させる」
森 和明 先生 株式会社ユヤマ 学術部長

Lorem ipsum dolor sit amet, te eum graeco partiendo, ei qui iudico accusamus. Amet rebum nostrud has in, movet iisque no qui, ea duo everti ancillae probatus. Odio ignota vix id. Ex est consul contentiones. Nobis facete usu ut, ludus partem deterruisset ei usu. Vel cu fabulas periculis, eu mea percipit probatus consequuntur.

赤羽根秀宜
「法的視点からみる薬機法改正」
赤羽根 秀宜 先生 中外合同法律事務所 弁護士・薬剤師
狭間 研至
「薬機法改正がもたらす薬局・薬剤師のパラダイムシフト」
狭間 研至 一般社団法人日本在宅薬学会 理事長
  • 02:55 pm - 05:00 pm
  • AP新橋
Break 休憩
  • 05:00 pm - 05:15 pm
Discussion 総合討論
狭間 研至 シンポジウムでのそれぞれの発表内容を踏まえて、薬機法改正というパラダイムシフトを乗り切る ためのポイントを討論し、まず起こすべきアクションと中期的な展望を持つことを目的とする。
  • 05:15 pm - 05:55 pm
  • AP新橋
閉会挨拶
狭間 研至
一般社団法人日本在宅薬学会 理事長
  • 05:55 pm - 06:00 pm
  • AP新橋

Tickets

¥10,000
日本在宅薬学会会員
参加申し込み
¥12,000
一般
参加申し込み

Sponsors

Events


大会テーマ

薬機法改正は薬剤師業務をどう変えるのか?  ~厚生科学審議会・医薬品医療機器制度部会とりまとめを踏まえて~

主催 / 共催 / 特別協賛

主催:一般社団法人日本在宅薬学会  共催:PHBDesign株式会社  特別協賛:株式会社ユヤマ

日時

平成31年3月31日(日) 13時00分~18時00分

場所

AP新橋 Aルーム  〒105-0004  東京都港区新橋1-12-9 A-PLACE新橋駅前3階

定員

250名

参加費

会員:10,000円  非会員:12,000円

取得単位数

3単位

演者

総合司会

・狭間 研至(一般社団法人日本在宅薬学会 理事長)

シンポジスト

・安川 孝志(厚生労働省医薬・生活衛生局総務課薬事企画官/医薬情報室長)
・森 昌平(公益社団法人日本薬剤師会 副会長)
・森 和明(株式会社ユヤマ 学術部長)
・赤羽根 秀宜(中外合同法律事務所 弁護士・薬剤師)
・狭間 研至(一般社団法人日本在宅薬学会 理事長)

Access

AP新橋

  • 03-3571-4109
  • ap-shinbashi2@tc-forum.co.jp
  • https://www.tc-forum.co.jp/kanto-area/ap-shinbashi/
  • Mon-Fri 9.30am-18.00pm
  • 東京都港区新橋1-12-9 A-PLACE新橋駅前 3F
AP新橋内観