認定薬剤師研修セミナー 2018年9月16日

voice-certification167451

認定薬剤師研修セミナー 2018年9月16日



第一回 EBMセミナー

講師

髙垣 伸匡  医療法人社団 千春会病院

略歴

1997年3月  京都府立医科大学卒業
1997年4月  大阪鉄道病院消化器科研修医
2000年4月  京都府立医科大学分子標的予防医学教室 大学院
2005年1月  博士号取得 博士論文報告番号 甲第1037号
2005年3月  大学院 卒業
2005年4月  第二岡本総合病院 消化器内科 所属
2007年5月  日本バプテスト病院 消化器内科 所属
2012年7月  千春会病院内科 所属
現在に至る

賞罰

・2011年 JMATへの協力のため京都府医師会から表彰

講義内容

EBMは2000年ごろに流行して広がった思考様式です。現在、EBMは医療判断の基本となり、診療ガイドラインもEBM抜きに語れません。さらに薬学部コアカリキュラムの改定により、EBM、臨床試験などが薬学教育に導入されました。これからの薬剤師さんには、基礎研究も臨床研究も理解することが求められ、近い将来には薬剤師さんが臨床試験を自在に利用する時代が来るでしょう。一方で、現場の薬剤師さんがEBMの基本を学ぶには、機会が少ないのも現状です。今回のセミナーでは、現場の先生方を対象に、EBMの基本的内容の講義、在宅でも使える臨床研究の紹介、そして実際にランダム化比較試験を読む経験をしていただきたいと考えています。

今後の開催日程

2018年10月14日(日)/2018年11月18日(日)/2018年12月9日(日)
2019年1月27日(日)

2018年9月16日(日)に 第一回 EBMセミナー が開催されました。

参加者の皆様をいくつかの島ごとに分け、高垣先生の話された「PICO」を基に、自分ならばどのように対応をするかを熱心に取り組まれていらっしゃいました。


また実際の英論文を使用して、どのように訳すか、どのように書けば相手に伝わるかを試行錯誤されていらっしゃいました。


受講者のみなさんは「患者さんの話を聞き、患者さんに合った治療を支援していきたい」や「英論文の読み方、ポイントが分かった」など、大変有意義な講義となったようです。


受講者の声

熱い講義を受講された皆様から非常に多くの喜びの声や感動の声を頂いております。
参加された先生方のナマの声を掲載しておりますのでこれから受講を検討されている皆様、ご参考にしていただければ幸いです。