在宅療養支援認定薬剤師

患者さんの立場に沿って、医療チームの一員として活躍する事ができる
一歩先行く薬剤師の育成を目指します。

【2020年2月1日に在宅療養支援認定薬剤師が 新たに21名ご誕生です】
薬剤師認証機構(CPC) 認定を受けた在宅療養支援認定薬剤師6期生 21名が誕生致しました。
【合格なさいました新たな21名の在宅療養支援認定薬剤師の先生方、おめでとうございます】

2014年秋に第1回在宅療養支援認定試験一次試験を、翌年1月に二次試験を行い、以降毎年同じように一次試験二次試験を行いました結果、 此のたび、過去6回 併せて136名の薬剤師の先生方が在宅療養支援認定薬剤師となられました。

日本在宅薬学会が提唱する【新しい医療環境の創造】に向けて、 在宅療養支援に関する、【知識】【技能】【態度】を備えたこれからの薬物療養をしっかりと支える事が出来る新しい薬剤師の誕生です。

患者さんの立場に沿って、医師・看護師とともに医療チームの一員として活躍する事ができる一歩先行く薬剤師を、是非皆様にも目指していただきたいと思います。

第7回在宅療養支援認定薬剤師試験は2021年1月に一次試験・二次試験での実施を予定しています。日頃から在宅現場で頑張っておられます薬剤師の先生方、是非、【第7回 在宅療養支援認定薬剤師 試験】の受験をお待ちしております。

薬剤師認定制度認証機構(CPC)とは?

第三者評価機関として薬剤師のための教育プロバイダーを客観的に評価し基準に適する制度の認証を行います。
それを薬剤師に広く告知することで、薬剤師が時代に則した職責を果たすための能力・適性の維持向上に最適な教育を受けることができます。
日本在宅薬学会の在宅療養支援認定薬剤師制度は在宅療養支援の分野で日本初となる第三者認証を受けた生涯研修プログラムとして公益社団法人薬剤師認定制度認証機構よりプロバイダー認証されました。
薬剤師の方には日本在宅薬学会認定単位(P03)が付与され、他の日本薬剤師研修センター(G01)や日本病院薬剤師会(P04)などと相互に単位互換があります。
※ただし、いずれか一つのみに単位は有効

詳しくはこちらのページ(薬剤師認定制度およびその実施機関の紹介)をご確認ください。
※薬剤師認定制度認証機構のホームページです

在宅療養支援認定薬剤師の単位取得について

認定要件について詳しくは、申請手続き方法をご覧ください。

各種規定

e-ラーニング講座受講単位について

下のリンクボタンよりマイページにログイン後ユーザー情報画面下部【シール発行申請】ボタンより該当単位の申請を行って下さい。
シール申請受付後、事務局よりお振込みのご案内をメールにてご連絡いたします。
ご入金の確認がとれましたら、土・日・祝祭日を除き、原則2・3日後にはご登録住所宛に簡易書留にてお届けいたします。
※ご送付先の変更をご希望される場合は、事務局までメールにてご連絡ください。
※発行手数料としてシール1枚あたり1,000円を頂戴します。
※申請1回あたり別途送料370円をいただきます。(レターパックライトにて発送いたします)

ご不明な点やご質問等がございましたらお気軽にお問合せください。

認定薬剤師研修手帳について

認定薬剤師研修手帳は、各セミナー会場、学術大会会場、または下記お申し込みフォームにて1冊550円(税込・別途送料140円/2~3冊:180円、4冊以上:370円)でご購入いただけます。
下のリンクボタンのお申し込みフォームより、お申し込みを行って下さい。お申し込み後にお振込先のご案内を事務局よりメールいたします。

在宅療養支援認定薬剤師 関連コンテンツ

在宅療養支援認定薬剤師

医療チームの一員として活躍する事ができる、一歩先行く薬剤師の育成を目指します。

在宅療養支援認定薬剤師一覧

【知識】【技能】【態度】を備えたこれからの薬物療養を支える、全く新しい薬剤師が誕生しました。

過去の認定薬剤師セミナー

過去に開催された認定薬剤師セミナーの様子をご紹介します。

会員様ログイン e-learning 講習会・セミナー
開催情報