薬局パートナー制度

薬局パートナー制度とは?

現在、我が国の高齢化率は27%を超え、今後ますますこの傾向は強まっていきます。2025年には高齢化率が30%を超えると予想され、日本の医療形態も医療機関から在宅・介護施設へとシフトしてきています。
2015年に厚生労働省から示された“患者のための薬局ビジョン”を実現するためには、薬剤師が薬を飲んだあとの患者の状態を把握すること、患者の状態を薬学的にアセスメントし改善策も含めて医師にフィードバックすることなど、薬剤師が患者をもっとみれる環境の構築が重要であると考えられます。
そこで、生まれたのが、薬剤師をトータルに支える『薬局パートナー®』です。

薬局パートナーは、薬剤師の本質的業務以外を担い、薬剤師が対人業務に専念する時間・体力・気力の創出を行います。
安全性を担保しつつ、薬局パートナーを活用し、薬剤師が患者をみる環境を構築する。その結果として薬物治療の質的向上を図り、患者さんに健康をお届けすることができる、これこそが薬局パートナー制度設立の目的です。
この目的から逸れることなく、『薬局パートナー®』という新しい職種の確立と育成を進めていきたいと考えています。

薬局パートナー制度のノウハウを身に付けるための各種セミナー

薬局パートナー部会セミナー

地域包括ケアの実施、拡充が進められる中、薬剤師もチーム医療の一員として在宅現場に出て、多職種と協業することが強く求められています。この部会セミナーでは、薬剤師だけでなく、すでに現場で活躍している「薬局パートナー®」にも登壇していただき、その業務の実際や今後の展望などについても考えていきます。

薬局パートナーセミナー(実践編)

薬局パートナー業務の知識、技術およびマインドを学び薬局パートナー検定の合格を目指します。
在宅業務に関わっていない薬局、非薬剤師も「薬剤師が外来業務で患者をみる」ことが出来るように素晴らしい薬局パートナーを目指して頂きたく、どなたでも受けることができるセミナーとなっています。

OTC漢方薬店頭販売セミナー

日本在宅薬学会漢方研究会会長の狭間紀代と、長い現場での経験を培ってきた登録販売者の講師が、受講者の皆さまが山本巌流一貫堂漢方医学を学び店頭でOTC漢方薬販売に活用いただける方法をお教えします。

薬局パートナー部会 関連コンテンツ

薬局パートナー制度

薬局パートナーは、薬剤師の本質的業務以外を担い、薬剤師が対人業務に専念する時間・体力・気力の創出を行います。

パートナーeラーニング

厚生労働省「調剤報酬のあり方について」に対応した、非薬剤師向けオンライン研修

薬局パートナー検定セミナー

医療の質や安全性を高めるために、薬局パートナーには知識・技術・マインドというすべての項目で、高いレベルが要求されます。

薬局パートナー検定試験

薬剤師と協働していける人材「薬局パートナー」を育成してゆきます。

OTC漢方薬店頭販売セミナー

山本巌流一貫堂漢方医学を学び店頭でOTC漢方薬販売に活用いただける方法をお教えします

パートナーバイブル

心構え、実際の業務内容、情報管理の方法などを余すことなくこの一冊に詰め込みました。

過去の薬局パートナー関連セミナー

全国で開催されている薬局パートナー関連セミナーの様子をご紹介。

会員様ログイン e-learning 講習会・セミナー
開催情報