薬局パートナー検定 更新手続き

薬局パートナー検定の更新手続きについて

薬局パートナー検定は3年毎の更新制となります。
薬局パートナー検定の更新を希望される方は下記より更新申請に関する注意事項をお読みになりお申し込みください。

申請資格

・現在、薬局および病院に勤務している非薬剤師(調剤事務員)
・過去に薬局および病院に6ヶ月以上勤務した実績をお持ちの非薬剤師
対象の方には事務局より更新のご案内をお送りいたします。

対象

第4回薬局パートナー検定試験合格者(2019年12月15日(日)実施)

申込受付期間

2022年11月14日(月) ~ 12月21日(水) ※12月21日必着

申込手続きの流れ

①更新手続きの対象の方に事務局より更新の案内を送付します。送付予定日は、11月4日(金)です。

②更新希望者の方は、検定料をお振込みいただき、以下の「検定更新申請書ダウンロード」より申請書類を取得し、郵送にて申請書類を事務局まで送付してください。

③お申し込みいただいた方に更新試験についてのご案内をメールします。

④合格された方には更新合格証を交付いたします。送付予定日は、12月27日(火)です。

更新試験実施方法

e-learning視聴+確認小テスト(WEB)受講

e-learning視聴期間

11月21日(月) 9:00 ~ 12月25日(日) 23:59

検定料

10,000円(税込)

検定料の振込先

三菱UFJ銀行 天神橋支店(店番:037)
普通預金 0009849
一般社団法人日本在宅薬学会

申請書類

・薬局パートナー検定試験更新申込書
・検定料の振込金(兼手数料)受領書の写し

送付先

〒530-0041
大阪市北区天神橋1-9-5 アドバンス天神橋3F
一般社団法人日本在宅薬学会 事務局
※封筒に朱書きで「薬局パートナー検定試験更新申込書在中」と記載

薬局パートナー部会 関連コンテンツ

薬局パートナー制度

薬局パートナーは、薬剤師の本質的業務以外を担い、薬剤師が対人業務に専念する時間・体力・気力の創出を行います。

パートナーeラーニング

厚生労働省「調剤報酬のあり方について」に対応した、非薬剤師向けオンライン研修

薬局パートナーセミナー

医療の質や安全性を高めるために、薬局パートナーには知識・技術・マインドというすべての項目で、高いレベルが要求されます。

薬局パートナー検定試験

薬剤師と協働していける人材「薬局パートナー」を育成してゆきます。

薬局パートナーワークショップ

薬局パートナー制度の導入を検討されている薬局様、あるいは薬局パートナー制度を導入しているがうまく運用できていない薬局様を対象にしたワークショップです。

手順書作成ワークショップ

薬機法や0402通知の解釈、薬局パートナー制度や実際の現場で実践する方法等を説明させて頂きます。ハザマ薬局で作成してきた手順書を基に、業務手順書を実際に作成して頂くワークショップです。

OTC漢方薬店頭販売セミナー

山本巌流一貫堂漢方医学を学び店頭でOTC漢方薬販売に活用いただける方法をお教えします。

薬局パートナーバイブル

心構え、実際の業務内容、情報管理の方法などを余すことなくこの一冊に詰め込みました。

薬局パートナー通信

薬局パートナー制度を導入し実践している企業様の、薬剤師または薬局パートナーの皆様のインタビューを掲載しているコンテンツです。

過去の薬局パートナー関連セミナー

全国で開催されている薬局パートナー関連セミナーの様子をご紹介。