年に1回の「学術大会」、日本の薬剤師の業界に新風を吹き込んだ「バイタルサイン講習会」、漢方薬に特化した「漢方セミナー」を開催しています。

セミナー一覧

25 のセミナーがあります。

開催地で絞り込む ※複数選択可能

内容で絞り込む ※複数選択可能

2020.10 25 2020. 10/25 日曜日
認定薬剤師 オンライン

薬物相互作用リテラシーを高めよう オンライン開催

オンライン 接続方法等はお申し込みいただいた方に個別にご案内いたします。 13:00 〜

講師:大野 能之

認定薬剤師 オンライン

近年の高齢化に伴う併存疾病増加に伴うポリファーマシーの問題において、薬物相互作用をいかに回避あるいはマネジメントするかは重要な課題の一つです。実際に、多くの疾病ガイドラインで推奨されている薬物療法も、他疾患を併存する場合には、それらの疾病の推奨薬との薬物相互作用が問題となることもあります。薬剤師は、こういった問題の適正化に今後ますます積極的に関わることが求められます。 現在、臨床試験がない組み合わせの薬物相互作用の強度も予測可能な方法が考案され、2018年に発出された『医薬品開発と適正な情報提供のための薬物相互作用ガイドライン』では、薬物相互作用の影響の強度に基づいた相互作用薬と被相互作用薬の分類ごとに注意喚起を行う考え方が新たに取り入れられました。薬物相互作用情報の考え方と情報提供のあり方については、大きな転換期を迎えています。  添付文書の記載内容を定量的に考察できる、その情報を適用可能か定量的に考察できる、添付文書では注意喚起されていない組み合わせでも評価ができる、相互作用のマネジメントを定量的に考えて提案できる、それが薬剤師の本来の仕事ではないでしょうか? そこで本講義では、薬物相互作用にスポットを当て、薬物相互作用の基礎知識ならびにピットフォール、薬物相互作用の影響の強度を考慮した薬物相互作用マネジメントの基礎と実践、および治療域が狭い・副作用の起きやすい薬剤の薬物相互作用マネジメントをいかに実践するか、について概説します。

セミナー詳細へ
2020.10 25 2020. 10/25 日曜日
漢方 東北

ベーシック漢方セミナー 東北(仙台)開催

PARM-CITY131 貸会議室 Room5C 12:00 〜

講師:高崎潔子

漢方 東北

このセミナーでは、まず一貫堂漢方の基礎理論をはじめ、各生薬、症状の原理や、基礎的な症例検討を学んでいただき、漢方に慣れることから始まります。全国5都市で開催され、2年計10回の受講で、漢方の基礎を固めることが出来るようになります。2019年秋より募集を開始いたしますので、ぜひともこの機会にご検討くださいませ。

セミナー詳細へ
2020.11 01 2020. 11/01 日曜日
バイタルサイン 関西

インストラクター講習会 関西(大阪)開催

ファルメディコ株式会社 本社 (大阪府) 13:00 〜

講師:狭間 研至

バイタルサイン 関西

「教えることは最高の学びである」という理念に基づき、バイタルサイン講習会のインストラクターを育成しています。バイタルサインチェックを指導する上で必要な要点を正しく理解していただきます。 インストラクター講習会は、バイタルサイン講習会を受けられた方のみ受講できます。

セミナー詳細へ
2020.11 08 2020. 11/08 日曜日
認定薬剤師 オンライン

手順書作成ワークショップ オンライン(全国)開催

ZOOMによるオンライン 10:00 〜

講師:中崎正太郎/崎山勝弘

認定薬剤師 オンライン

2019年4月2日に「調剤業務のあり方」が通達されました。通達内容の中には「薬局開設者は、薬局において、上記の考え方を踏まえ薬剤師以外の者に業務を実施させる場合にあっては、保健衛生上支障を生ずるおそれのないよう、組織内統制を確保し法令遵守体制を整備する観点から、当該業務の実施に係る手順書の整備、当該業務を実施する薬剤師以外の者に対する薬事衛生上必要な研修の実施その他の必要な措置を講じること。」とあり、薬剤師以外の者に業務を実施させる場合にあっては、手順書の整備・作成を薬局では早急に準備をしないといけません。また、薬局開設者としては、手順書を作成するだけではなく、実施させていく体制づくりまで行わなくてはなりません。 このワークショップでは、薬機法や0402通知の解釈、パートナー制度や実際の現場で実践する方法等を説明させて頂きます。また、手順書の作成に必要な知識としてWORDの簡単な使い方や便利な機能も説明致します。 午後からはハザマ薬局で作成してきた手順書を基に、明日からでも使用できる業務手順書を実際に作成して頂くワークショップとなっています。 オンライン開催ですが、新型コロナウイルス感染症の終息状況によっては集合形式でのご参加も受け付ける場合があります。

セミナー詳細へ
2020.11 08 2020. 11/08 日曜日
認定薬剤師 関東

褥瘡治療に薬剤師が介入する際の視点 ~医師や看護師とは視点が異なる~ 関東(東京)開催

未定(決まりましたらご案内いたします) 13:00 〜

講師:古田 勝経

認定薬剤師 関東

褥瘡は難治性疾患というレッテルが貼られている。それは治らないからである。医師や看護師は難渋していることが少なくない。医師や看護師とは異なる薬剤師の視点は、外用薬を効かせるための視点であり、薬剤師ならではの領域である。薬剤師の介入は治せない褥瘡を治せる状態に変えることができる。これはほかの疾患ではなかったことであり、薬剤師の視点がいかに重要かを知ることになる。ひいては薬物治療がどのようなものかを学ぶ貴重な分野でもある。狭間研至先生が院長をされている思温病院では薬剤師が治らない褥瘡を治している。褥瘡が治せる薬剤師の存在は病院の評判にもつながり、地域との医療連携にも役立っている。薬剤師の武器になります。

セミナー詳細へ
2020.11 15 2020. 11/15 日曜日
認定薬剤師 関西

【実践編】褥瘡治療に薬剤師が介入する際の視点 ~医師や看護師とは視点が異なる~ 関西(大阪)開催

未定(決まりましたらご案内いたします) 13:00 〜

講師:古田 勝経

認定薬剤師 関西

褥瘡は難治性疾患というレッテルが貼られている。それは治らないからである。医師や看護師は難渋していることが少なくない。医師や看護師とは異なる薬剤師の視点は、外用薬を効かせるための視点であり、薬剤師ならではの領域である。薬剤師の介入は治せない褥瘡を治せる状態に変えることができる。これはほかの疾患ではなかったことであり、薬剤師の視点がいかに重要かを知ることになる。ひいては薬物治療がどのようなものかを学ぶ貴重な分野でもある。狭間研至先生が院長をされている思温病院では薬剤師が治らない褥瘡を治している。褥瘡が治せる薬剤師の存在は病院の評判にもつながり、地域との医療連携にも役立っている。薬剤師の武器になります。

セミナー詳細へ
2020.11 15 2020. 11/15 日曜日
漢方 関東

ベーシック漢方セミナー 関東(東京)開催

AP東京八重洲 12:00 〜

講師:鈴木 勝宏

漢方 関東

このセミナーでは、まず一貫堂漢方の基礎理論をはじめ、各生薬、症状の原理や、基礎的な症例検討を学んでいただき、漢方に慣れることから始まります。全国5都市で開催され、2年計10回の受講で、漢方の基礎を固めることが出来るようになります。2019年秋より募集を開始いたしますので、ぜひともこの機会にご検討くださいませ。

セミナー詳細へ
2020.11 29 2020. 11/29 日曜日
漢方 東北

ベーシック漢方セミナー 東北(仙台)開催

PARM-CITY131 貸会議室 Room5C 12:00 〜

講師:高崎潔子

漢方 東北

このセミナーでは、まず一貫堂漢方の基礎理論をはじめ、各生薬、症状の原理や、基礎的な症例検討を学んでいただき、漢方に慣れることから始まります。全国5都市で開催され、2年計10回の受講で、漢方の基礎を固めることが出来るようになります。2019年秋より募集を開始いたしますので、ぜひともこの機会にご検討くださいませ。

セミナー詳細へ
2020.11 29 2020. 11/29 日曜日
漢方 東海

ベーシック漢方セミナー 東海(名古屋)開催

名古屋 ウィンクあいち 12:00 〜

講師:上村里菜

漢方 東海

このセミナーでは、まず一貫堂漢方の基礎理論をはじめ、各生薬、症状の原理や、基礎的な症例検討を学んでいただき、漢方に慣れることから始まります。全国5都市で開催され、2年計10回の受講で、漢方の基礎を固めることが出来るようになります。2019年秋より募集を開始いたしますので、ぜひともこの機会にご検討くださいませ。

セミナー詳細へ
2020.12 06 2020. 12/06 日曜日
認定薬剤師 オンライン

薬剤師3.0セミナー【導入編】 オンライン開催

オンライン 接続方法等はお申し込みいただいた方に個別にご案内いたします。 10:00 〜

講師:狹間 研至

認定薬剤師 オンライン

【在宅】…家に在るという意味の2文字にすぎないこの言葉が、薬剤師に与えるインパクトは年々大きくなってきた。少し前までなら、何をしていいのか解らない、そんなことをやっている余裕は薬剤師に無い、そもそも患者は望んでいない…など色々なことを考えながら動けずにいた方の中にも、いよいよお尻に火がつき始めた、と感じるの方も多いのではないだろうか。 また実際、在宅業務に取り組まれている方でも、ニーズの高まりもあり、在宅業務が忙しくなるにつれ、身につけるべきスキルが備わっていないことや、組織的に取り組むことや、さらには採算性を満たした仕組みを作りの必要性に気づきはじめている方が増えているように感じている。 在宅がこれからという方も、すでに在宅を始めているという方も、目の前にある仕事をこなしながら、様々な課題を解決し、患者さんはもとより、医師や看護師にとっても、薬剤師自身にとっても意味のある仕組みを作るためには、大きな労力が必要であり、戦略的なアプローチが欠かせない。 私自身も15年にわたって医師そして薬局経営者の立場から「在宅」に取り組む中で、門前薬局からの脱出と生き残るための【3.0化】に向け薬剤師が今、解決すべき3つのポイントを2回のオンラインセミナーを通してお示しながら、先生方ご自身で現状とこれからの課題を見つめ直す機会を提供したい。 今回のオンラインセミナーは、私からの一方通行ではなく、コミュニティの中で参加型セミナーとなっている。これまでにない新しい形のオンラインセミナーで、明日からの新しい一歩、もしくは次の一歩を共に考えたい。このチャンスに動かずにいるのはもったいない。様々な立場で、【在宅】に悩む方のご参加をお待ちしている。

セミナー詳細へ
2020.12 06 2020. 12/06 日曜日
漢方 関西

ベーシック漢方セミナー 関西(大阪)開催

ファルメディコ株式会社 本社2F研修室 12:00 〜

講師:畑世剛/矢野知子

漢方 関西

このセミナーでは、まず一貫堂漢方の基礎理論をはじめ、各生薬、症状の原理や、基礎的な症例検討を学んでいただき、漢方に慣れることから始まります。全国5都市で開催され、2年計10回の受講で、漢方の基礎を固めることが出来るようになります。2019年秋より募集を開始いたしますので、ぜひともこの機会にご検討くださいませ。

セミナー詳細へ
2020.12 13 2020. 12/13 日曜日
認定薬剤師 関東

褥瘡治療に薬剤師が介入する際の視点 ~医師や看護師とは視点が異なる~ 関東(東京)開催

未定(決まりましたらご案内いたします) 13:00 〜

講師:古田 勝経

認定薬剤師 関東

褥瘡は難治性疾患というレッテルが貼られている。それは治らないからである。医師や看護師は難渋していることが少なくない。医師や看護師とは異なる薬剤師の視点は、外用薬を効かせるための視点であり、薬剤師ならではの領域である。薬剤師の介入は治せない褥瘡を治せる状態に変えることができる。これはほかの疾患ではなかったことであり、薬剤師の視点がいかに重要かを知ることになる。ひいては薬物治療がどのようなものかを学ぶ貴重な分野でもある。狭間研至先生が院長をされている思温病院では薬剤師が治らない褥瘡を治している。褥瘡が治せる薬剤師の存在は病院の評判にもつながり、地域との医療連携にも役立っている。薬剤師の武器になります。

セミナー詳細へ
2020.12 13 2020. 12/13 日曜日
漢方 東北

ベーシック漢方セミナー 東北(仙台)開催

PARM-CITY131 貸会議室 Room5C 12:00 〜

講師:高崎潔子

漢方 東北

このセミナーでは、まず一貫堂漢方の基礎理論をはじめ、各生薬、症状の原理や、基礎的な症例検討を学んでいただき、漢方に慣れることから始まります。全国5都市で開催され、2年計10回の受講で、漢方の基礎を固めることが出来るようになります。2019年秋より募集を開始いたしますので、ぜひともこの機会にご検討くださいませ。

セミナー詳細へ
2020.12 13 2020. 12/13 日曜日
漢方 九州・沖縄

ベーシック漢方セミナー 九州・沖縄(福岡)開催

博多駅前 12:00 〜

講師:比嘉朋子

漢方 九州・沖縄

このセミナーでは、まず一貫堂漢方の基礎理論をはじめ、各生薬、症状の原理や、基礎的な症例検討を学んでいただき、漢方に慣れることから始まります。全国5都市で開催され、2年計10回の受講で、漢方の基礎を固めることが出来るようになります。2019年秋より募集を開始いたしますので、ぜひともこの機会にご検討くださいませ。

セミナー詳細へ
2020.12 20 2020. 12/20 日曜日
認定薬剤師 オンライン

薬剤師3.0セミナー【導入編】 オンライン開催

オンライン 接続方法等はお申し込みいただいた方に個別にご案内いたします。 10:00 〜

講師:狹間 研至

認定薬剤師 オンライン

【在宅】…家に在るという意味の2文字にすぎないこの言葉が、薬剤師に与えるインパクトは年々大きくなってきた。少し前までなら、何をしていいのか解らない、そんなことをやっている余裕は薬剤師に無い、そもそも患者は望んでいない…など色々なことを考えながら動けずにいた方の中にも、いよいよお尻に火がつき始めた、と感じるの方も多いのではないだろうか。 また実際、在宅業務に取り組まれている方でも、ニーズの高まりもあり、在宅業務が忙しくなるにつれ、身につけるべきスキルが備わっていないことや、組織的に取り組むことや、さらには採算性を満たした仕組みを作りの必要性に気づきはじめている方が増えているように感じている。 在宅がこれからという方も、すでに在宅を始めているという方も、目の前にある仕事をこなしながら、様々な課題を解決し、患者さんはもとより、医師や看護師にとっても、薬剤師自身にとっても意味のある仕組みを作るためには、大きな労力が必要であり、戦略的なアプローチが欠かせない。 私自身も15年にわたって医師そして薬局経営者の立場から「在宅」に取り組む中で、門前薬局からの脱出と生き残るための【3.0化】に向け薬剤師が今、解決すべき3つのポイントを2回のオンラインセミナーを通してお示しながら、先生方ご自身で現状とこれからの課題を見つめ直す機会を提供したい。 今回のオンラインセミナーは、私からの一方通行ではなく、コミュニティの中で参加型セミナーとなっている。これまでにない新しい形のオンラインセミナーで、明日からの新しい一歩、もしくは次の一歩を共に考えたい。このチャンスに動かずにいるのはもったいない。様々な立場で、【在宅】に悩む方のご参加をお待ちしている。

セミナー詳細へ
2020.12 20 2020. 12/20 日曜日
外来業務 オンライン

外来業務バージョンアップセミナー オンライン(全国)開催

ZOOMによるオンライン 13:00 〜

講師:中崎正太郎/山本康平/杉田康

外来業務 オンライン

薬機法の改定が国会に提出され、さらに4月2日に「調剤業務のあり方」が通達されました。薬局業界は劇的な変化が始まっており、薬剤師は今後さらなる対人業務が求められ、服薬期間中のフォローも義務化されていく流れとなっています。 従来の外来業務を行いながら、新たに対人業務や服薬期間中のフォローを実施した場合、薬剤師の時間を確保することができずに必ず行き詰まります。これらの問題を解決するカギは、非薬剤師(パートナー)との連携と機械・ICT化(情報通信技術)の活用に集約されます。 本セミナーでは、この2つの柱を軸として、外来における対人業務のノウハウを習得していきます。まず、薬剤師による対人業務や服薬期間中のフォローを行うにあたり、「調剤業務のあり方」を見直し、薬機法改定に向けた薬剤師の考え方や服薬期間中のフォローの方法などを習得していきます。次に、パートナーとの連携および機械・ICTの活用を含めた外来業務の流れを学びます。 受講翌日からご自身の薬局ですぐに活用できるような実践型のセミナーとなっています。 新型コロナウイルス感染症の終息状況によっては集合形式でのご参加も受け付ける場合があります。

セミナー詳細へ
2021.01 17 2021. 01/17 日曜日
認定薬剤師 オンライン

シンポジウム:薬剤師の為の地域連携 初心者コース オンライン開催

オンライン 接続方法等はお申し込みいただいた方に個別にご案内いたします。 13:00 〜

講師:重田 由美/橋本 倫季/田﨑 恵玲奈/岡田 晋吾

認定薬剤師 オンライン

4名の講師による「薬剤師の為の地域連携」のセミナー。 本セミナーは初心者コースとなり副題の「『お薬のお届け在宅』からの脱却、地域連携の始め方!!」にあるように地域連携の始め方について学ぶことが出来ます。 2週間後の1月31日にはステップアップコースも開催予定。

セミナー詳細へ
2021.01 24 2021. 01/24 日曜日
漢方 関東

ベーシック漢方セミナー 関東(東京)開催

AP東京八重洲 12:00 〜

講師:鈴木 勝宏

漢方 関東

このセミナーでは、まず一貫堂漢方の基礎理論をはじめ、各生薬、症状の原理や、基礎的な症例検討を学んでいただき、漢方に慣れることから始まります。全国5都市で開催され、2年計10回の受講で、漢方の基礎を固めることが出来るようになります。2019年秋より募集を開始いたしますので、ぜひともこの機会にご検討くださいませ。

セミナー詳細へ
2021.01 31 2021. 01/31 日曜日
認定薬剤師 オンライン

シンポジウム:薬剤師の為の地域連携 ステップアップコース(応用編) オンライン開催

オンライン 接続方法等はお申し込みいただいた方に個別にご案内いたします。 13:00 〜

講師:重田 由美/奈良 健/岡田 晋吾

認定薬剤師 オンライン

3名の講師による「薬剤師の為の地域連携」のセミナー。 本セミナー副題の「地域連携を広めよう、医療機関との密接な連携方法」にあるように地域連携を始めている方が医療機関とより連携を取るためにはどのような事をしていけば良いかを学ぶことが出来ます。 申し込みをするにあたり、1月17日開催の初心者コースの受講は必要ありません。

セミナー詳細へ
2021.02 07 2021. 02/07 日曜日
漢方 関西

ベーシック漢方セミナー 関西(大阪)開催

ファルメディコ株式会社 本社2F研修室 12:00 〜

講師:畑世剛/矢野知子

漢方 関西

このセミナーでは、まず一貫堂漢方の基礎理論をはじめ、各生薬、症状の原理や、基礎的な症例検討を学んでいただき、漢方に慣れることから始まります。全国5都市で開催され、2年計10回の受講で、漢方の基礎を固めることが出来るようになります。2019年秋より募集を開始いたしますので、ぜひともこの機会にご検討くださいませ。

セミナー詳細へ
2021.02 14 2021. 02/14 日曜日
外来業務 オンライン

外来業務バージョンアップセミナー オンライン(全国)開催

ZOOMによるオンライン 13:00 〜

講師:中崎正太郎/山本康平/杉田康

外来業務 オンライン

薬機法の改定が国会に提出され、さらに4月2日に「調剤業務のあり方」が通達されました。薬局業界は劇的な変化が始まっており、薬剤師は今後さらなる対人業務が求められ、服薬期間中のフォローも義務化されていく流れとなっています。 従来の外来業務を行いながら、新たに対人業務や服薬期間中のフォローを実施した場合、薬剤師の時間を確保することができずに必ず行き詰まります。これらの問題を解決するカギは、非薬剤師(パートナー)との連携と機械・ICT化(情報通信技術)の活用に集約されます。 本セミナーでは、この2つの柱を軸として、外来における対人業務のノウハウを習得していきます。まず、薬剤師による対人業務や服薬期間中のフォローを行うにあたり、「調剤業務のあり方」を見直し、薬機法改定に向けた薬剤師の考え方や服薬期間中のフォローの方法などを習得していきます。次に、パートナーとの連携および機械・ICTの活用を含めた外来業務の流れを学びます。 受講翌日からご自身の薬局ですぐに活用できるような実践型のセミナーとなっています。 新型コロナウイルス感染症の終息状況によっては集合形式でのご参加も受け付ける場合があります。

セミナー詳細へ
2021.02 14 2021. 02/14 日曜日
漢方 九州・沖縄

ベーシック漢方セミナー 九州・沖縄(福岡)開催

博多駅前 12:00 〜

講師:比嘉朋子

漢方 九州・沖縄

このセミナーでは、まず一貫堂漢方の基礎理論をはじめ、各生薬、症状の原理や、基礎的な症例検討を学んでいただき、漢方に慣れることから始まります。全国5都市で開催され、2年計10回の受講で、漢方の基礎を固めることが出来るようになります。2019年秋より募集を開始いたしますので、ぜひともこの機会にご検討くださいませ。

セミナー詳細へ
2021.02 21 2021. 02/21 日曜日
漢方 東海

ベーシック漢方セミナー 東海(名古屋)開催

名古屋 ウィンクあいち 12:00 〜

講師:上村里菜

漢方 東海

このセミナーでは、まず一貫堂漢方の基礎理論をはじめ、各生薬、症状の原理や、基礎的な症例検討を学んでいただき、漢方に慣れることから始まります。全国5都市で開催され、2年計10回の受講で、漢方の基礎を固めることが出来るようになります。2019年秋より募集を開始いたしますので、ぜひともこの機会にご検討くださいませ。

セミナー詳細へ
2021.02 28 2021. 02/28 日曜日
漢方 関東

ベーシック漢方セミナー 関東(東京)開催

AP東京八重洲 12:00 〜

講師:鈴木 勝宏

漢方 関東

このセミナーでは、まず一貫堂漢方の基礎理論をはじめ、各生薬、症状の原理や、基礎的な症例検討を学んでいただき、漢方に慣れることから始まります。全国5都市で開催され、2年計10回の受講で、漢方の基礎を固めることが出来るようになります。2019年秋より募集を開始いたしますので、ぜひともこの機会にご検討くださいませ。

セミナー詳細へ
2021.03 14 2021. 03/14 日曜日
外来業務 オンライン

外来業務バージョンアップセミナー オンライン(全国)開催

ZOOMによるオンライン 13:00 〜

講師:中崎正太郎/山本康平/杉田康

外来業務 オンライン

薬機法の改定が国会に提出され、さらに4月2日に「調剤業務のあり方」が通達されました。薬局業界は劇的な変化が始まっており、薬剤師は今後さらなる対人業務が求められ、服薬期間中のフォローも義務化されていく流れとなっています。 従来の外来業務を行いながら、新たに対人業務や服薬期間中のフォローを実施した場合、薬剤師の時間を確保することができずに必ず行き詰まります。これらの問題を解決するカギは、非薬剤師(パートナー)との連携と機械・ICT化(情報通信技術)の活用に集約されます。 本セミナーでは、この2つの柱を軸として、外来における対人業務のノウハウを習得していきます。まず、薬剤師による対人業務や服薬期間中のフォローを行うにあたり、「調剤業務のあり方」を見直し、薬機法改定に向けた薬剤師の考え方や服薬期間中のフォローの方法などを習得していきます。次に、パートナーとの連携および機械・ICTの活用を含めた外来業務の流れを学びます。 受講翌日からご自身の薬局ですぐに活用できるような実践型のセミナーとなっています。 新型コロナウイルス感染症の終息状況によっては集合形式でのご参加も受け付ける場合があります。

セミナー詳細へ
会員様ログイン e-learning 講習会・セミナー
開催情報