外来業務バージョンアップセミナー

apply_outpatient_work

外来業務バージョンアップセミナー

薬機法の改定が国会に提出され、さらに4月2日に「調剤業務のあり方」が通達されました。薬局業界は劇的な変化が始まっており、薬剤師は今後さらなる対人業務が求められ、服薬期間中のフォローも義務化されていく流れとなっています。
従来の外来業務を行いながら、新たに対人業務や服薬期間中のフォローを実施した場合、薬剤師の時間を確保することができずに必ず行き詰まります。これらの問題を解決するカギは、非薬剤師(パートナー)との連携と機械・ICT化(情報通信技術)の活用に集約されます。
本セミナーでは、この2つの柱を軸として、外来における対人業務のノウハウを習得していきます。まず、薬剤師による対人業務や服薬期間中のフォローを行うにあたり、「調剤業務のあり方」を見直し、薬機法改定に向けた薬剤師の考え方や服薬期間中のフォローの方法などを習得していきます。次に、パートナーとの連携および機械・ICTの活用を含めた外来業務の流れを学びます。
受講翌日からご自身の薬局ですぐに活用できるような実践型のセミナーとなっています。

日付

大阪:2019年8月12日(月・祝) 13:00~17:00(終了しました)
   2019年10月20日(日)   13:00~17:00
   2019年12月15日(日)   13:00~17:00
横浜:2019年9月29日(日)   13:00~17:00(終了しました)

主催・共催

主催:日本在宅薬学会  共催:PHB Design株式会社

講師

山本 康平
ハザマ薬局
【学歴・職歴】
平成27年 3月 京都薬科大学 薬学部 薬学科 卒業
平成27年 4月 ファルメディコ株式会社 入社
        ハザマ薬局 新千里西町店に配属
平成29年 7月 ハザマ薬局 門真店に異動
        介護付有料老人ホーム1件、サービス付高齢者住宅1件
        個人在宅1件を担当
平成30年 9月 介護付有料老人ホーム2件を担当
現在に至る



杉田 康
ハザマ薬局
【学歴・職歴】
平成26年 3月 神戸学院大学 薬学部 薬学科 卒業
平成27年 4月 ファルメディコ株式会社 入社
         ハザマ薬局 森ノ宮店に配属
平成27年 7月 介護付有料老人ホーム1件を担当
平成28年 3月 介護付有料老人ホーム2件を担当
平成30年 2月 介護付有料老人ホーム2件、 サービス付高齢者住宅1件 を担当
現在に至る



中崎 正太郎
PHB Design株式会社 システムデザイン部 薬局ビジネスデザイナー
【職歴】
1996年 PHB Design株式会社入社

17年間システムエンジニアとして、制御系から教務システムまで幅広いシステムを開発。薬局システム(レセコンから電子薬歴)を構築していく中で、在宅業務を行っていく薬局はこのままではうまく機能しないことを痛感し、IT技術を駆使して徹底した業務改革を尽力することになった。
2013年10月よりハザマ薬局での業務改革を開始。薬局の在宅業務をデザインし、サポートを行っている。以後、数多の薬局の在宅業務をデザインし、経営改革を行っている。

場所

大阪:ファルメディコ株式会社2F 研修室(地図
横浜:アットビジネスセンター横浜西口駅前 601号室(地図

内容

外来業務バージョンアップセミナー
 〜外来にて服薬期間中のフォローを実施するためのノウハウ〜
※外来業務3.0バイブルをお持ちの方は忘れずご持参ください。

テキスト

外来業務3.0バイブル

受講費

会員:25,000円
非会員:28,000円
※外来業務3.0バイブル(講義テキスト)込みの料金です。

外来業務3.0バイブルを既にお持ちの方
会員:15,000円
非会員:18,000円
※外来業務3.0バイブルを既にお持ちの方は
 事務局までお申し出ください。事務局より改めてご連絡差し上げます。

定員

30名

外来業務3.0バイブルの購入のみご希望の方

単位

2.5単位

外来業務バージョンアップセミナーーお申込み

()内は残数
データの読込中です…
しばらく待っても表示されない場合はCtrlキーを押しながらF5キーを押してください。

過去の外来業務バージョンアップセミナー

過去に開催されたセミナーのページはこちらからご覧いただけます。実際に参加された受講者の方のアンケートもございますので、ご検討の参考にご利用ください。