日本在宅薬学会 パートナー制度とは

apply_partner_system

日本在宅薬学会 パートナー制度とは

パートナー制度とは
現在、我が国の高齢化率は27%を超え、今後ますますこの傾向は強まっていきます。2025年には高齢化率が30%を超えると予想され、日本の医療形態も医療機関から在宅・介護施設へとシフトしてきています。
2015年に厚生労働省から示された“患者のための薬局ビジョン”を実現するためには、薬剤師が薬を飲んだあとの患者の状態を把握すること、患者の状態を薬学的にアセスメントし改善策も含めて医師にフィードバックすることなど、薬剤師が患者をもっとみれる環境の構築が重要であると考えられます。
そこで、生まれたのが、薬剤師をトータルに支える『パートナー』です。
パートナーは、薬剤師の本質的業務以外を担い、薬剤師が対人業務に専念する時間・体力・気力の創出を行います。
安全性を担保しつつ、パートナーを活用し、薬剤師が患者をみる環境を構築する。その結果として薬物治療の質的向上を図り、患者さんに健康をお届けすることができる、これこそがパートナー制度設立の目的です。
この目的から逸れることなく、『パートナー』という新しい職種の確立と育成を進めていきたいと考えています。

パートナー制度のノウハウを身に付けるための各種セミナー

・パートナー制度導入セミナー

パートナー制度の総論、方向性や考え方、導入のノウハウを学ぶためのセミナーです。
講義とフリーディスカッション、参加者からそれぞれに明日から取りかかることを発表していただいたあと、講師より正しい導き方を具体例を挙げてお話させていただきます。

・パートナー検定セミナー

パートナー業務の知識、技術およびマインドを学びパートナー検定の合格を目指します。
在宅業務に関わっていない薬局、非薬剤師も「薬剤師が外来業務で患者をみる」ことが出来るように素晴らしいパートナーを目指して頂きたく、どなたでも受けることができるセミナーとなっています。

・パートナー検定

薬剤師と協業していける人材「パートナー」を創出し、パートナーの質の担保を目的とします。
薬剤師がチーム医療の中で協業するためには、パートナーとの連携がとても重要です。パートナーとしての考え方、知識、技術を備えた人材を育成し、あるべき姿に向けて検定試験を行います。

パートナーシンポジウム

地域包括ケアの実施、拡充が進められる中、薬剤師もチーム医療の一員として在宅現場に出て、多職種と協業することが強く求められています。このシンポジウムでは、薬剤師だけでなく既に現場で活躍している「パートナー」にも登壇していただき、その業務の実際や今後の展望などについても考えていきます。