2022年10月30日(日)開催
薬局パートナーワークショップ
講師:崎山勝弘/まえはら調剤薬局・中川調剤薬局・ハザマ薬局の薬剤師・薬局パートナー
開催地:オンライン(全国)

ご自身の薬局に薬局パートナー制度を導入するためには
~その課題と解決策を考えよう!~

現在、我が国は超高齢化社会に突入し、医療形態は医療機関から在宅・介護施設へとシフトしています。在宅業務の増加に伴い、薬剤師も薬局の外へ飛び出し、チーム医療の一員として働くことが求められるようになっています。このような社会的要求に応えるべく、これまでとは比較にならないほど、薬剤師の責任は重くなり、同時に業務量も肥大化しつつあります。

在宅業務を中心とした薬局の作業工程を詳細に分類してみると、26項目130工程にものぼります。薬剤師が、これだけの膨大な工程をすべて行う必要は本当にあるのでしょうか?薬剤師が膨大な業務を抱え込んでしまうことにより、本来行うべき業務が疎かになる事態は避けなければなりません。そのため、薬剤師と協働する人材=薬局パートナーの活用がとても重要となってくるのです。

薬局パートナー制度の運用目的を、薬剤師の人件費抑制と結びつけるとうまくいきません。薬局パートナー制度の最大の目的は、薬剤師を可能な限り対人業務に専念させることです。薬剤師の対人業務の継続は、将来的な薬剤師への社会的評価を高めることにも繋がります。

今回、薬局パートナー制度の導入を検討されている薬局様、あるいは薬局パートナー制度を導入しているがうまく運用できていない薬局様を対象に、ワークショップを開催することにいたしました。まずは、薬剤師および非薬剤師ともに、これまでの概念や働き方への意識改革が必要です。ご自身の薬局において薬局パートナー制度の導入を阻害している要因や運用上の問題点を可視化し、皆で解決していきましょう!

薬局パートナーワークショップ 基本構成

日付

2022年10月30日(日)10:00~13:00

場所

ZOOMを利用したオンライン会場
※原則「お顔出し・マイクオン」での受講をお願いいたします

講師・ファシリテーター

崎山勝弘 (PHB Design株式会社 経営戦略部 主任)
まえはら調剤薬局・中川調剤薬局・ハザマ薬局の薬剤師・薬局パートナー

対象

薬局経営者、薬剤師および非薬剤師(調剤事務員)
※薬剤師および非薬剤師のペアによる参加が効果的なプログラムとなっています

受講費

会員:5,000円(税込)
非会員:8,000円(税込)

定員

20名

単位

2単位(薬剤師のみ)

共催

PHB Design株式会社

会員様ログイン e-learning 講習会・セミナー
開催情報